有名ソフトウェアハウスに転職する際のチェックポイントとアプローチの仕方

近年、ソフトウェアハウスのエンジニア職に転職したいという人が増加しています。

実践的で評価されやすい技術を身に着けて、長期的に働きたいという人が増えているためです。

特に有名ソフトウェアハウスは待遇もよく、キャリアアップにもつながるため、転職したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

ただ、転職先の職業の中でも特に人気が高い職種のため、ソフトウェアハウスのエンジニアは競争率が高い職種です。

しかも有名ソフトウェアハウスですから、適切なアプローチをしないと転職するのは難しいといえます。

そこで、当記事では有名ソフトウェアハウスに転職する際に抑えておきたいチェックポイントをまとめました。

また、転職先の有名ソフトウェアハウスへのアプローチ方法についても説明を行っております。

当記事を参考にして有名ソフトウェアハウスへの転職を効率よく進めてくださいね。

ソフトウェアハウスへの転職時に抑えておきたいポイント

有名ソフトウェアハウスへのようなIT業界への転職は人気がありますが、同時に就労環境が悪い「ブラック企業」もあるのが現実です。

中には有名企業でも激務が続き、残業時間が長くて「こんなはずじゃなかった」なんて思う人も多くいます。

近年では働き方改革の影響などで企業側も労働環境の改善に努めているため、状況は改善してきました。

せっかく転職するからには、良い労働環境の中で頑張りたいと皆さんも考えているはずです。

そこで、こちらではソフトウェアハウスへ転職する際に抑えておきたいチェックポイントをまとめました。

下記のポイントをしっかりと抑えておくことで、優良な有名ソフトウェアハウスへの転職が実現できる可能性が高まります。

ブラックなソフトウェアハウスへ転職してしまわないためにも、ぜひ参考にしてください。

ソフトウェアハウスへの転職時に抑えておきたいポイント

・転職先の企業情報をチェックする
・エンジニア以外の部署の能力を確認する
・残業時間は要確認
・会社に実際に訪問して様子を確認する

転職先の企業情報をチェックする

これはソフトウェアハウスへの転職に限ったことではありませんが、ソフトウェアハウスへの転職時にも企業情報はチェックしましょう。

主にチェックすべきは下記の5点です。

転職時にチェックしたい企業情報

・創立年数
・従業員数
・資本金
・売上
・平均給与

単純な話、創立年月が長く、資本金が高く、安定した売上があって、平均給与が高ければ、その企業はホワイト企業といえます。

逆に売上が低いソフトウェアハウスは、割に合わない仕事の下請けなどを行い、その仕事を終わらせるために従業員が過重労働をしていることが多いです。

このように、転職先の企業情報は要チェックですが、特に有名ソフトウェアハウスへの転職を考えている人は必ずチェックしましょう。

エンジニア以外の部署の能力を確認する

エンジニアの能力が高くても、営業マンやマネージャーの能力が低いと、エンジニアたちの能力が発揮しきれません。

そのため、有名ソフトウェアハウスに転職する前には、エンジニア以外の部署の能力についても確認しておきましょう。

現場で働くエンジニアを支える営業マンやプロダクトマネージャーがいることで、仕事の効率はグッと改善されます。

そして、待遇の改善や残業時間の減少などにも繋がるため、エンジニアのことだけでなく、会社全体の能力を確認してください。

残業時間は要確認

ソフトウェアハウスへの転職の際に注意すべきなのは「残業時間」です。

以前はエンジニアといえば「残業は当たり前」といった考えが横行していました。

もちろん、納期などの関係があるため、ある程度の残業時間は仕方ないことですが、まるで精神論のように残業を求める企業もあるのです。

こういった前時代的な企業は、事業の効率化などを図ることなく、従業員に過重労働を強いる傾向があると考えてください。

残業時間については、採用面接時の面接官の態度や、働いている人々の様子などをチェックするとわかります。

例えば、採用面接時に残業時間について聞いてみて、その際のリアクションで判断するなどといった方法があります。

残業時間について質問するだけで威圧的な対応をしてくるようなソフトウェアハウスは要注意といえるでしょう。

会社に実際に訪問して様子を確認する

残業のところでも少し触れましたが、上司や会社全体が「威圧的な空気」に包まれているソフトウェアハウスはエンジニアにとって危険といえます。

特にそういった威圧的な空気に包まれている職場は極端に残業時間が長いといったことが多いので、注意が必要なのです。

その空気感を確かめるには会社に実際に訪問したタイミングで確かめるのが最も確認しやすくなっています。

採用面接などで企業に直接訪問できる機会があったら、そういった空気感を確かめる視点で職場を見渡してみてください。

少々曖昧な説明しか出来ない点ではありますが、会社を訪問したタイミングや、面接の対応などで違和感を感じた際は、その直感に従ってみることをおすすめします。

以上が有名ソフトウェアハウスに転職する際に抑えておきたいチェックポイントでした。

ソフトウェアハウスに転職する際、最も注意しておきたいポイントは「残業時間」です。

わざわざ転職するのにブラックな社風の企業に転職してしまうのは、本末転倒といえます。

上記のチェックポイントを確認して、少しでも条件の良いソフトウェアハウスに転職するようにしましょう。

ソフトウェアハウスへ転職する際のアプローチ方法

抑えておきたいチェックポイントを確認した後は、いよいよ転職時のアプローチ方法について確認していきましょう。

冒頭でも述べたように、IT業界の一つであるソフトウェアハウスは人気職種となっています。

そのため、転職希望者も多く、条件の良い有名ソフトウェアハウスは激戦区です。

しっかりとしたアプローチ方法を抑えておいて、他の転職希望者と差別化を図りましょう。

こちらでは有名ソフトウェアハウスへ転職する際のアプローチ方法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

まずは「転職の軸」の構築

転職する際には、大前提として「転職の軸」を持っていることが必要です。

これはソフトウェアハウスに転職する際にも必要になってきます。

転職の軸とは、自分が転職するにあたって方針などを決める重要な指針です。

主に、下記の2点が転職の軸となってきます。

転職の軸を構成するもの

・自分がなぜ転職したいのか、転職の動機
・自分がどういった転職をしたいのか、転職の目標

転職の動機といっても、人によって様々です。

「今の企業より給与が高い企業に転職したい」など、給与面を動機にする人もいます。

「今の会社は残業が多すぎて、もっと自由に時間が取れる会社がいい」といった、プライベートな時間を求める人もいるでしょう。

「有名企業に転職して自分のキャリアを高めたい」といいったキャリア志向を持った人もいます。

この転職の動機を叶えるのを、そのまま転職の目標にするひともいれば、更に目標を高く持つ人もいるでしょう。

転職の動機・目標からなる「転職の軸」がないまま転職活動をしても、効率的どころか、本当の意味での転職の成功からほど遠い結果になってしまうのでご注意ください。

さて、ソフトウェアハウスに転職する際にも「転職の軸の構築」から始めましょう。

それが済んだら、ソフトウェアハウスへの転職には3つのおすすめアプローチ方法があります。

その3つのアプローチ方法について下記で解説していくので、参考にしてくださいね。

ソフトウェアハウスへの転職する際のおすすめアプローチ方法

・「コネクション」を使う
・転職エージェントを活用する
・大手転職サービスを使う

「コネクション」を使う

ソフトウェアハウスのエンジニアとして幾年かのキャリアがあるのでしたら、業界内の知り合いもいるのではないでしょうか。

やはり転職として最も失敗がないのが、そういった知り合いのコネクションを介した転職です。

チェックポイントの所でも解説しましたが、やはり企業内の雰囲気などを事前に知っておいたほうが転職には失敗はありません。

もし頼れるコネクションがあるのでしたら、有名ソフトウェアハウスへの転職はコネクションを活用しましょう。

転職エージェントを活用する

コネクションがあるならそれを活用するのがベストですが、コネクションなんて無いといった人も多いかと思われます。

そういった人におすすめなのが「転職エージェント」の活用です。

有名ソフトウェアハウスも転職エージェントに人材の紹介を依頼していることが多いため、ぜひ活用しましょう。

特にコネクションが無くて、有名ソフトウェアハウスに転職するためにどうしたらいいかわからないといった人にはエージェントが適しているといえます。

大手転職サービスを使う

エージェントと併用して、大手転職サービスを使うのもおすすめです。

有名ソフトウェアハウスの中には、常に人材不足で、通年で大手転職サービスに求人情報を掲載している企業もあります。

そうしたソフトウェアハウスは優秀な人材を求め、大手転職サービスでスカウト活動なども行っているのです。

登録していると思わぬ形で有名ソフトウェアハウスからスカウトが入る可能性もあるので、大手転職サービスも使うようにしましょう。

以上の3つのアプローチ方法が有名ソフトウェアハウスに転職する際におすすめの方法です。

ある程度のキャリアがある人はコネクションを使って、コネクションが無い方はエージェントと大手転職サービスを併用して利用してください。

有名ソフトウェアハウスに転職するなら「転職エージェント」を活用しましょう!

上記では有名ソフトウェアハウスへの転職のアプローチ方法について解説しました。

その中でも特におすすめなのが「転職エージェント」の利用です。

例えコネクションがあったとしても、並行して転職エージェントを利用することをおすすめします。

こちらでは、なぜエージェントを使うべきなのかなどを解説するので、ぜひご参照ください。

なぜ転職エージェントを使うべきか

さて、なぜ有名ソフトウェアハウスに転職する際にエージェントを使うべきなのか、その理由を解説します。

エージェントを利用すべき理由としては下記の4つが挙げられます。

エージェントを利用すべき4つの理由

・エージェントのみの非公開求人が多い
・ソフトウェアハウス企業内部の詳細情報を提供してもらえる
・コンサルタントを介した条件交渉も可能
・面接の日程調整など、スケジューリングもしてくれる

・エージェントのみの非公開求人が多い
ソフトウェアハウスはエンジニアとのマッチング効率を高めるため、IT系人材の確保に強いエージェントを利用したがる傾向にあります。

そのため、一部の転職エージェントにしかない非公開求人も多くなっているのです。

有名ソフトウェアハウスに転職したいのでしたら、エージェントを使わないと求人情報も得られない可能性があります。

・ソフトウェアハウス企業内部の詳細情報を提供してもらえる
転職エージェントはソフトウェアハウスとも連携をとっているので、企業内部の雰囲気や社風にも詳しいです。

そのため、企業に訪問しなくてもエージェントに相談することで、自分がそのソフトウェアハウスとマッチングするか確認できます。

入社する前に企業内部の詳細な情報が得られる貴重な機会を得ることが出来るのは転職時にとても役立ちますよ。

・コンサルタントを介した条件交渉も可能
せっかく、有名ソフトウェアハウスに転職するのでしたら、ぜひ好待遇な条件で転職したいですよね。

ただ、自分でそういった条件交渉をするのは気が引ける…、そんな人でもコンサルタントを介した条件交渉が可能です。

コンサルタントに希望の条件を提示して相談すれば、積極的に条件交渉してくれることもあるので、ぜひ相談してみましょう。

・面接の日程調整など、スケジューリングもしてくれる
転職エージェントは面接日程の調整なども行ってくれます。

自分でやり取りしてスケジューリングをするのは思っている以上に大変なことなので、この点でもエージェントを使うのはおすすめです。

有名ソフトウェアハウスに転職するのでしたら、ぜひエージェントの力を借りてみてください。

ソフトウェアハウス転職時におすすめの転職エージェント一覧

ソフトウェアハウスのようなIT企業に転職する際には、IT系に特化したエージェントを使うのがおすすめです。

大手転職エージェントして有名なdodaも、IT特化の「DODA エンジニア IT」という別個の転職エージェントがあります。

同じく、マイナビも「マイナビエージェントIT」という、別サービスがあり、普通のマイナビエージェントよりおすすめです。

その他にも、「リクらくエンジニア」「forkwell scout」など、IT特化のエージェントサービスがあります。

IT系に特化したエージェントに複数登録して、特に条件が良い求人を紹介してもらうようにしましょう。

自分のスキルと転職エージェントの掛け合わせ

こちらで説明したように、有名ソフトウェアハウスへの転職を検討している人は、ぜひ転職エージェントを利用しましょう。

有名ソフトウェアハウスともなると、競争率が高いため、エンジニアスキルに自信があっても転職が成功しにくい可能性もあります。

そのエンジニアスキルに転職エージェントの「交渉力」が加わることによって、転職成功の実現する可能性がグンと高まるのです。

「自分のスキル×転職エージェントの交渉力」で有名ソフトウェアハウスへの転職を実現させましょう。

有名ソフトウェアハウスへの転職でキャリアアップ

当記事では有名ソフトウェアハウスへの転職において、抑えておきたいポイントとアプローチの方法を解説しました。

「ソフトウェアハウス」という職種に、従来のような過重労働なイメージなど、どうしてもブラック企業的な印象を受ける人もいることでしょう。

実際にそうしたソフトウェアハウスも存在するので、その点には注意する必要があります。

しかしながら、当記事で解説しましたように、働き方改革などの影響でソフトウェアハウスの職場環境は改善されてきています。

そして、有名ソフトウェアハウスでしたらホワイト企業も多いため、皆さんの望む転職が十分可能です。

転職を成功させるためにも、まずは、自分自身の「転職の軸」を構築しましょう。

その後、当記事で解説したチェックポイント、特に「転職先の企業情報のチェック」及び「残業時間の確認」をしてください。

そして、転職エージェントを介して有名ソフトウェアハウスにアプローチしていきましょう。

有名ソフトウェアハウスへの転職は、間違いなくキャリアアップにつながり、その後にも役立ちます。

ぜひ当記事をご参照のうえ、有名ソフトウェアハウスへの転職にチャレンジしてくださいね。