収入アップと転職成功につながるCRM/SFAツールランキング

売上を構築するためには顧客との関係を適切に保つ必要があります。それは新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客との関係を良好に保つことができるからです。

そのためCRM/SFAツールは企業から重要視されているので、知識や経験が転職に影響しやすいのです。

ここからは、知識や経験が収入アップや転職成功に繋がりやすいCRM/SFAツールを紹介していきます。

CRM/SFAとは


まずはCRM/SFAツールがどのようなツールなのか理解することが大切です。

実際にツールについての理解が深まれば転職活動を効率良く進めるヒントが見つかるかもしれません。それくらいCRM/SFAツールは企業で使われる機会が多く重要なシステムなのです。

CRM=顧客管理システムのこと

CRMは「Customer Relationship Management」の略であり、「顧客関係管理」や「顧客管理」を行うシステムのことです。名前の通り、顧客と接点がある部署で使われ、顧客の詳細な情報を管理します。例えば、通販などを行っている企業であれば、顧客の住所や購入した商品、郵送を希望する日程などが登録されます。

従来では、紙やExcelを使って顧客の情報を管理していました。

しかし、紙やExcelで管理していると社内での共有が難しく、業務負荷が高くなりやすいです。実際に紙のリストを使っている場合、字を間違えて記入してしまったり、字が汚くて読みにくかったりすることもあります。

Excelの場合も、1つのファイルをメールなどでやり取りする内に、最新版の場所が分からなくなったり、誤って消したりすると復元するのに手間がかかるでしょう。このような課題をCRMを使えば解決することができ、業務効率を向上できます。

SFA=営業支援システムのこと

SFAは「Sales Force Automation」の略であり、一般的には「営業支援システム」のことです。名前の通り、営業活動を手助けするシステムであり、CRMと同様に顧客を管理しますが、予算と実績などを比較して目標の達成・進捗具合を管理できます。

他にも、見込み度が高い顧客に対して、適切なタイミングでアプローチをするスケジュール管理機能などがあります

もしSFAを使わないのであれば、顧客管理と同様に紙やExcelで管理することになるでしょう。そうなれば、顧客の管理が煩雑になりアプローチが漏れてしまったり、責任者が進捗状況を確認しにくくなったりします。SFAを有効活用することで、営業活動の効率化に繋がります。

売上を最大化するために使われる

CRMは「顧客管理」であり、SFAは「営業支援」という違いがあるものの、どちらも企業の売上を最大化する共通点があります

CMRは顧客との関係を良好に築くために使われます。

例えば、一度自社製品を購入した顧客と継続的に関係を築けていれば、リピート顧客になりえるでしょう。既存顧客は新規の顧客を獲得するよりも少ない労力で、売上を作れる見込みになります。

同様にSFAは新規の顧客を獲得するために使われます。

確かに、CRMは既存顧客を売上に繋げますが、顧客の母数には限りがあるため、売上を増やしていくためには新規顧客の獲得が必要です。

SFAを有効活用すれば、営業活動を効率化し新規顧客を獲得することで、売上を大きくしやすくなるでしょう。

企業の売上を大きくしていくためには新規顧客を獲得するSFAを活用し、CRMを使って既存顧客へ継続的にアプローチしていくことが大切です。

また、CRMには購買データ以外にもアンケートデータなどを一元管理することができ、今後の戦略などを立てる際の参考など、有効活用できます。

CRM/SFAが使われる部署・職種


転職する際は、CRMやSFAが使われる部署を把握しておくと良いでしょう。特にCRMは複数の部署で使われているので、使った経験があると転職の幅が広がります。

ここからは、CRMとSFAが使われる部署や職種を紹介していきます。

CRM/SFAが使われる部署・職種

  • 主に営業部門
  • コールセンターなどの問い合わせ対応部門
  • サービスの品質管理部門

主に営業部門

CRM・SFAの両者とも、営業部門で使われることがほとんどです。SFAは営業支援システムなので営業部門で使われますが、企業によってはCRMも営業部門で使われます

例えば、企業の規模が小さく、顧客との付き合いが長くなることが想定される商材を扱っている場合はCRMだけ使っていることが多いです。

また、営業部門が商品を購入したり、契約を完了したりした顧客のサポートを行うこともあります。このような場合は、SFAではなく顧客の購買情報を詳しく管理できるCRMの方が適しているでしょう。

もちろん、顧客の詳細情報まで管理できるSFAも存在しますが、種類は少なくなるでしょう。

営業活動の成果を上げるためには、CRM・SFAのような顧客管理・営業支援システムの活用が重要なポイントになります。このようなシステムを使いこなせる方であれば、企業からの評価も高くなるでしょう。

コールセンターなどの問い合わせ対応部門

CRMは既存顧客とコミュニケーションをとるコールセンターなどの問い合わせ部門で使われることが多いです。コールセンターなどでは、既存顧客から電話がかかってくれば、その番号から顧客の情報を特定し、その情報をデスクトップ上に情報を表示します。

対応するオペレーターは顧客が何をいつ、どのように購入したかなどの情報を見ながら対応することができます。問い合わせ対応をする部署の管理者への転職を考えている場合は、CRMなどの顧客管理システムの経験が重視されます。

顧客との関係を構築する部署であれば、業務のパフォーマンスはCRMによって大きく変わるからです。

サービスの品質管理部門

CRMやSFAなどはデータを蓄積して今後のために分析できます。例えば、CMRでは顧客が購入した商品のデータを蓄積できるので、売れ行きが良い商品の傾向や、顧客のニーズなどを見つけられます。また、クレームの対応を行う商品やサービスの品質管理部門でも使われます。

SFAであれば、社員の営業データを分析することで、効率良い営業戦略を考えることができるでしょう。そのため、営業の効率化を考える営業企画部門でも使われます。

CRM/SFAと転職の関係性


転職する際は、CRMやSFAが使われる部署を把握しておくと良いでしょう。特にCRMは複数の部署で使われているので、使った経験があると転職の幅が広がります。

CRMやSFAは営業部門や顧客の問い合わせを行う部門でよく使われます。そのため、システムを使った経験や知識は転職の役に立つでしょう。

ここからは、CRMとSFAと転職には具体的にどのような関係性があるのか紹介していきます。

CRM/SFAと転職の関係性

  • 企業におけるニーズ
  • 将来的な導入の状況
  • 必要な技術・経験

CRM/SFAの企業におけるニーズ

CRMとSFAは企業にとって売上に直結するシステムなので、このようなシステムを使いこなせる人材は重宝されます。実際に転職などで営業部門の責任者などであれば、CRMやSFAを使いこなせる知識や技術が求められる場合が多いです。

転職を成功させたい方や収入アップを目指す方であれば、CRMやSFAを使った経験を積むことは難しくても知ることはできるでしょう。業務に関するシステムの知識は蓄えておくのがおすすめです。

CRM/SFAの将来的な導入の状況

CRMやSFAは比較的メジャーなシステムであるため、在籍している会社でも使っていることは多いでしょう。最近では、導入コストを抑えられるクラウド型のシステムが多くなっているため、中小企業でも導入が進んでいます。営業活動や顧客管理といった業務は多くの企業で行われているため、どの業界でも使われる機会はどんどん増えていくと思われます。

CRM/SFAに必要な技術・経験

CRMやSFAは顧客管理を効率化し、売上に繋がる機能が充実しています。しかし、製品によって搭載している機能は異なるので、どのような製品でも使える機能を活用できる知識や経験は求められます。

例えば、CRMであればどのような顧客情報を管理できるのか、ある程度想定できなければならないでしょう。SFAであれば、進捗状況の確認や分析を行える知識や技術が求められます。

第5位:Sansan


SansanはSansan株式会社が提供している名刺管理システムです。営業活動で収集した名刺の情報を管理できるので、SFAツールとして利用されます。

Sansan – 法人向けクラウド名刺管理サービス

Sansanの特徴

「名刺管理でビジネスを効率化する」というコンセプトのシステムです。収集した名刺の情報を企業内で共有することで、ビジネスチャンスを逃さずに売上に繋げます。

実際に多くの企業では、効果的にフォローできていない「休眠顧客」を多く抱えています。その原因は個人で名刺を管理していることが1つの原因であるため、企業で名刺を管理することで、有効な顧客を見つけやすくなります。

知識・経験があると転職に有利な理由

Sansanは名刺管理システムですが、同時に顧客管理も行えるシステムです。顧客管理と名刺管理はどの企業でも必要であるため、企業側のニーズは高く、導入を検討している企業も多いです。顧客管理・営業管理を効率良く行えるため、知識や経験は転職の役に立ちやすいです。

第4位:Sales Force Assistant


Sales Force Assistantは株式会社NIコンサルティングが提供しているSFAです。営業・経営を改革させる目的で使われるシステムです。
「真」のSFA – AI秘書が営業現場の一人ひとりをアシストするSFA(Sales Force Assistant)

Sales Force Assistantの特徴

Sales Force Assistantはコンサルティングを行っていた企業が開発したシステムです。営業日報を一覧で確認することで営業戦略を立てることができます。

「AI秘書」を搭載しており、営業マンを一人ひとりアシストするので、システムを使ったミスが発生しにくく、見込み顧客に適切なタイミングでアプローチすることが可能です。既存のグループウェアと連携もしやすいため使いやすいSFAといえます。

知識・経験があると転職に有利な理由

モバイルにも対応しており、外出先でも日報・顧客情報・商談履歴をいつでも確認することができます。営業活動を効率化できるシステムとして人気があり、導入を検討している企業も増えています。

特に、今後AIを活用した業務効率化に積極的な企業に人気があるため、使用した経験や知識があると評価されやすいです。

第3位:Sales Cloud


Sales Cloudは株式会社セールスフォース・ドットコムが提供しているSFAです。SFAだけでなく、CRMの機能をあわせ持ち、シェアが大きいシステムです。

世界No.1 CRM・SFA – Sales Cloud | セールスフォース・ドットコム

Sales Cloudの特徴

世界的に有名なSFAツールであり、日本ではトップシェアです。営業支援の機能が充実しており、カスタマイズ性も優れているため、自社に合った機能を組み合わせることができます。

幅広いビジネススタイルに対応することが可能であり、転職先の企業が使っている可能性も高いでしょう。

知識・経験があると転職に有利な理由

世界でもトップシェアのSFAであり、導入している企業は多いです。そのため、使っている経験があれば、即戦力として評価されやすいでしょう。売上予測から営業活動の状況を把握しやすいため、Sales Cloudを使って売上を向上させた実績があれば、収入アップも図りやすいでしょう。

第2位:Knowledge Suite


Knowledge Suiteはナレッジスイート株式会社が提供しているCRM・SFAです。自社の業務内容に合わせて機能をカスタマイズでき、売上に繋がる情報を効率良く共有できます。

SFA / CRM ならKnowledgeSuite

Knowledge Suiteの特徴

Knowledge SuiteはSFAとCRMの機能を併せ持つため、営業活動から顧客管理を一括で行えるのが特徴です。クラウド型のシステムなので、ネット環境があればどこでも利用できるので営業活動に必要な情報をいつでも入力し、業務の効率化を図れます。

知識・経験があると転職に有利な理由

データを分析して営業活動から顧客管理の業務効率化を図れるので、人気があるツールです。1つのツールでCRMとSFAの両方の機能を持つため、企業にとっては使いやすく導入しやすいシステムです。知識や経験があると企業側からの評価も高くなるでしょう。

第1位:kintone


kintoneはサイボウズ株式会社が提供しているCRMです。自社の業務内容に合った形のシステムを構築できるため、業務効率化を図りやすいでしょう。導入実績は10,000社以上であり、多くの企業が使っている人気ツールです。

kintone – サイボウズの業務改善プラットフォーム

kintoneの特徴

今まで紙やExcelで管理していた情報やメールの内容などを、1つにまとめて一元管理できます。管理している情報はSNSのように社員と共有でき、チームの仕事の状況を把握しやすくなります。

そのため、CRMとしてだけでなくSFAとしても活用できるでしょう。ITシステムに疎い社員でも使いやすい操作感であるため、安心して利用できます。ネット環境があればどこでも利用できるため、外出が多い営業社員でも使いやすいです。

知識・経験があると転職に有利な理由

kintoneはCRM・SFAのどちらの機能を兼ね揃えているため、利用している企業が多いです。また、自社の業務に合わせてアプリを作成し使うことが最大の特徴であり、業務効率化を図りやすいでしょう。

タスク管理や交通費の申請、日報、ワークフローなどのアプリを作れますが、使いこなすためにはそれなりの経験が必要です。人気があるシステムなので活用した経験があれば、転職の際にプラスの評価になります。

CRM/SFAの経験を積んで転職を有利に進めよう!

入アップと転職成功につながるCRM/SFAツール

  • 第1位:kintone
  • 第2位:Knowledge Suite
  • 第3位:Sales Cloud
  • 第4位:Sales Force Assistant
  • 第5位:Sansan

CRM/SFAツールは売上を構築するために使われる機会が多く、重要視されやすいシステムです。実際にツールを使いこなすことで、新規顧客・既存顧客を獲得し売上に繋がりやすくなります。

しかし、今働いている企業と転職先の企業が同じCRM/SFAツールを使っているとは限りません。ただし、共通している機能は多くあるでしょう。そのため、人気がるツールの概要や基本機能を押さえておくだけでも、転職活動にとってプラスの要因になります。

また、どのように活用すれば売上に繋がるか道筋が見えているかどうかも重要なポイントです。特に人気があるツールに関しては特徴を押さえておくようにしましょう。

CRM/SFAツールの重要性を理解して、転職活動をスムーズに進めましょう。