収入アップと転職成功につながる採用管理システム(ATS)比較

企業がどんなに品質が良い製品・サービスを持っていても、それ実現する人材がいなければ、適切に提供できません。そのため、企業にとって人材の確保は非常に重要な業務です。

そこで、採用管理システムを使えば効率良く採用活動を行えるので、導入している企業は増えています。

ここからは、知識や経験が収入アップや転職成功に繋がりやすい「採用管理システム」を紹介します。

採用管理システム(ATS)とは


現在、あらゆる業務がシステム化されており、効率良く進められるようになっています。人材採用を管理するための、採用管理システムを導入している企業が増えています。

まずは、採用管理システムがどのようなツールなのかを説明します。

採用活動を効率化するシステム

採用管理システムは「ATS」(Applicant Tracking System)とも呼ばれ、採用活動を効率化するシステムです。

採用活動は費用や業務負担が大きくなりやすく、多くの企業が課題を感じています。そこで、採用管理システムを活用すれば企業が抱えている採用に関する課題を解決できます

現代は、人手不足の企業が多く採用活動の効率化が求められています。

業務負担を軽減し効率化を図ることで、優秀な人材を採用しやすくなるため、近年では導入・導入を検討している企業が増えています。

特に人事・採用部門への転職を考えている方であれば、どのようなシステムなのか概要や機能を押さえておくことが大切です。

応募情報を一元管理できる

採用管理システムの主な役割は応募者の情報を一元管理できることです。

システムを使わずに採用活動を行っていると、紙やExcelを使った管理になります。

この場合だと、手書きによるミスが発生したり、社内で情報を共有するのが難しくなったります

他にも、求職者から問い合わせをスムーズに行うためには、応募者の情報を部署内で共有する必要があります。

そこで、採用管理システムを使えば、入力した応募者の情報を一元管理できます

例えば、応募者から問い合わせがあったとしても、採用部門の担当者であれば誰でも応募情報にアクセスできるので、スムーズに対応できます。

選考情報や面接の日程も自動管理でき、業務負担を大きく軽減できます。

他にも、全国に拠点がある企業であれば、支店で面接など選考を行った情報をシステムに入力すれば、本社の担当者に情報を共有することもできます。

採用コストの削減にも繋がる

採用管理システムの多くは、自社採用ホームページを作成できるプラットフォームを搭載しています。このプラットフォームを使うことで、求人媒体を使うことなく応募情報を公開できます

もし採用管理システムを使わなければ、自分たちで採用ページを構築しなければなりません。

また、他社の求人媒体を利用すると膨大な掲載料が発生します。

例えば、アルバイトの募集であったとしても1ヶ月掲載するだけで、数十万円かかることもあり、費用面の負担も大きいといえるでしょう。

自社の採用ホームページを活用すれば、求人媒体を利用したときに発生する掲載料はかかりません。

また、一から採用ページを構築する手間や費用も削減できるでしょう。

さらに、採用ホームページから応募した求職者の情報は、自動で採用管理システムに保存されます。

そのため、担当者が応募情報をシステムに入力する手間が省けるので、業務の効率化を図れます。

採用管理システムが使われる部署・職種


採用管理システムが使われる部署を把握しておくことも大切です。

ここからは、CRMとSFAが使われる部署や職種を紹介していきます。

採用管理システムが使われる部署・職種

  • 人事・採用部門が一般的
  • システム部門も関わっている

人事・採用部門が一般的

採用管理システムは人事・採用部門でも使われますが、各部門の責任者も利用するケースが多いです。

それは、自分の部署に必要な人材を採用するために、応募者の情報を確認することもあります。

それ以外であれば、基本的に人事などの採用部門がメインで利用し、応募者の情報を管理することで、効率良く採用活動を行います。

システム部門も関わっている

採用管理システムの中には、自社で開発できるものも多くあります。

例えば、自社採用ページの内容もシステム部門が開発を行って、自社の好みに構築することが可能です。一般的に、このような採用サイトの構築は人事部門が主導になりシステム部門が開発を進めることが多いです。

しかし、ホームページ制作の専門的な知識・技術を持つ人材であれば、採用サイトに力を入れている企業から評価されるケースもあり、人事・採用部門に配属になることもあります。

採用管理システムと転職の関係性


採用管理システムは企業にとって重要なシステムであるため、知識や経験が転職活動の内容に大きく影響しやすいです。

ここからは、採用管理システムと転職には具体的にどのような関係性があるのか説明します。

採用管理システムと転職の関係性

  • 企業におけるニーズ
  • 将来的な導入の状況
  • 必要な技術・経験

企業におけるニーズ

従業員数が多い大手の企業であれば、採用する人数も多くなるので採用管理システムを使っているケースが多いのです。

採用管理システムにもさまざま種類があり、システムごとに特徴は異なりますが基本的な機能は共通しているので、どのようなことができるのか把握しておくと良いでしょう

選考を受ける企業の採用ページを見てみることで、どのような採用管理システムを使っているのか分かる場合もあります。どのような採用管理システムを使っているのか分かれば、選考を有効に進めるヒントになります。

将来的な導入の状況

採用管理システムは従業員数が多く規模が大きい企業で多く使われています。

しかし、導入費用を抑えられるクラウド型のシステムも多くリリースされており、従業員数が少なく規模が小さい企業でも導入しやすくなっているので、今後も使われる企業は増えていくと考えられます。

必要な技術・経験

採用サイトの構築を希望する方であれば、ホームページ制作の知識や技術を求められるでしょう。

人事・採用部門を目指している方であれば、採用管理システムの概要や知識があると有効です。採用管理システムを使ったことがある方であれば、そのシステムのどのような機能を使い、採用率を向上させた実績などをアピールできると良いでしょう。

HRMOS(ハーモス)採用


HRMOSは株式会社ビズリーチが提供している採用管理システムです。実際に導入をしている顧客の声として、日々の採用業務に関する工数を75%削減できると公開しています。

スピードと効率で採用を強くするHRMOS(ハーモス)採用

HRMOS(ハーモス)採用の特徴

HRMOSは現在進めている応募者の採用状況を可視化し、適切に採用管理を行えます。

募集している求人の案件ごとに応募者数や面接の実施数、面接官の評価などを一元管理することで、採用活動を効率化します。リアルタイムに状況を把握でき、社内で情報を共有しやすいです。

今進めている採用活動の効率化だけでなく、採用に関するデータを蓄積して分析することで、データの基づく課題の特定や採用に関するKPI(重要業績評価指標)の設定などを行い、戦略的に採用活動を行えるようになります。

知識・経験があると転職に有利な理由

HRMOSは応募数が多い企業や採用担当者の人数が少ない企業に適しているシステムです。

採用活動の工数を削減できるため、企業側のニーズは高いでしょう。しかし、効率化を図るためには業務工数を削減できる機能を使いこなさなければなりません。

採用管理システムの機能やどのような使い方ができるのか、データを分析した経験があれば、選考を実施する企業からの評価も高くなります。

ジョブカン採用管理


ジョブカン採用管理は株式会社Donutsが提供している採用管理システムです。業種や規模を問わず、3,000社以上の企業に使われています。採用に関するさまざまな情報をジョブカンに集約し、業務効率化を図ります。

採用管理システム「ジョブカン」 | 無料から使えるNo.1採用管理システム

ジョブカン採用管理の特徴

ジョブカン採用管理は1,000人の人事担当者に、独自のアンケートとヒアリングを行って生まれたシステムです。

企業にとって課題と感じていることを集め、それを改善するために作られているため幅広い業種に対応して使いやすいです。

初期設定を簡単に行うことができるので、システムの導入に抵抗がある企業でも導入しやすいです。

シンプルなデザインであり、採用担当者や面接を実施する社員が初めて採用管理システムを使う場合でも、安心して操作できます。

採用に関する機能は充実しています。応募者を獲得しやすい採用ページを構築でき、選考に進んでいる求職者や選考内容の管理、活動の振り返りを1つのシステムで実施可能。選考のスケジュール調整も容易で、便利に使えるシステムです。

知識・経験があると転職に有利な理由

ジョブカンシリーズは勤怠管理システムを中心に、勤怠管理やワークフロー、経費精算や労務管理などがあります。

そのため、採用管理システムを導入していない企業でも、ジョブカンシリーズのいずれかを導入しているケースは多いです。このような企業であれば採用管理システムの導入を検討したときにジョブカンを選びやすいです。

基本的な機能が充実しており、他のシステムと連携しやすいことから、導入している企業は多く、採用管理システムを使った経験があれば、人事・採用部門の中で即戦力として活躍できるでしょう。

ジョブスイート


ジョブスイートは株式会社ステラスが提供している採用管理システムのシリーズです。企業のニーズに合わせて個人向けサービスから給与・勤怠管理まで提供しており、主なシステムは以下の通りです。

  • 情報ポータル:ジョブスイート ナビ
  • Web広告:ジョブスイート アドバータイジング
  • ホームページ作成:ジョブスイート スタジオ
  • 動画配信:ジョブスイート ドーガ
  • 新卒採用:ジョブスイート フレッシャーズ
  • 中途採用:ジョブスイート キャリア
  • 派遣:ジョブスイート テンポラリー
  • パート・アルバイト:ジョブスイートパートタイム(リリース予定)

今後は、パート・アルバイトの採用管理や給与・勤怠管理のシステムもリリースする予定です。主に人事部門で利用するシステムを提供しており、総合的に企業をサポートします。

JobSuite-「働く」のあらゆるシーンに-

ジョブスイートの特徴

ジョブスイートは人事部門に特化したサービスを提供しており、企業を総合的にサポートしています。

新卒・中途専用の採用管理システムを提供していますが、必要に応じて広告やマーケティング、ホームページ作成のサービスを利用することで、採用活動の効果を最大限高められます。

人事担当者の声を参考に採用活動での使いやすさにこだわったシステムなので、システムに疎い方でも簡単に操作できます。また、多様化する新卒採用の実務に対応できる機能を搭載しています。

知識・経験があると転職に有利な理由

ジョブスイートは採用管理システム以外のサービスが豊富で充実しているので、シリーズを総合的に使えば、企業のスタイルに合わせて効率化を実現できます。

シリーズの内どれかを導入している企業は多く、ジョブスイートキャリアは導入実績は1,000社を超えています。シリーズのいずれかを利用した経験があれば、転職の際の評価が良くなるでしょう。

LINE採用コネクト


LINE採用コネクトはLINE株式会社が提供している採用管理システムです。主に新卒採用に使われる採用管理システムであり、学生との接点を拡大できます。

<公式>LINE採用コネクト|LINEが提供する新卒採用支援ツール

LINE採用コネクトの特徴

スマートフォンユーザーの大半が利用しているコミュニケーションアプリのLINEを活用して採用活動を行えます。

学生がターゲットである新卒採用において、LINEはユーザー数が多いだけでなく、使いやすいツールです。

学生はQRコードを読み込むだけで、企業アカウントを登録して手軽に会社説明会や選考の日程を確認できます。

メールを見てくれない、電話に出てくれない学生でも、LINEであればメッセージを確認してもらいやすく、コミュニケーションを取りやすくなります。

学生にとって使い勝手が良いため、選考途中の離脱を予防します。さらに自動問い合わせ対応の設定を行えば、業務を簡略化して担当者の負担を削減できます。

知識・経験があると転職に有利な理由

課題を解決できるツールなので人気があり、LINEを活用した採用活動を検討する企業は増えています。

一般的な採用管理ツールとコンセプトが異なるので、使った経験がある人材は重宝されます。特に新卒採用に力を入れている企業のニーズは高く、転職の役に立ちやすい。

HITO-Linkリクルーティング


HITO-Linkリクルーティングはパーソルプロセス&テクノロジー株式会社が提供している採用管理システムです。採用活動の業務効率化を図りたい企業に導入されています。

HITO-Linkリクルーティング│パーソルグループの採用管理システム

HITO-Linkリクルーティングの特徴

新卒・中途採用に対応しており、採用活動で発生するさまざまな業務を効率化できます。

業務の一部を自動化し、担当者の負担を削減し採用戦略や面接などの重要業務に時間を取りやすくなるでしょう。見やすいダッシュボードで進捗管理が可能であり、システムに疎い担当者でも簡単に使えます。

もし上手くシステムを扱えない場合でも、サポート体制が充実しており、マスタ登録などの手間はカスタマーサクセス部門が代行してくれます。利用説明会を実施しており、操作方法もじっくり教えてもらえます。

知識・経験があると転職に有利な理由

人事管理システムであるHITO-Linkパフォーマンスも提供しており、採用した後の人事管理も効率化しやすいです。

有名な大手企業が導入していることもあり、人事の課題を総合的に解決できるツールとして人気があり、導入を検討している企業も多いようです。

そのため、採用管理システムを活用した経験がある人材であれば、企業側がプラスに評価する材料になり、選考の役に立ちます。

採用管理システムの経験を積んで転職を有利に進めよう!

入アップと転職成功につながる採用管理システム

  • HRMOS(ハーモス)採用
  • ジョブカン採用管理
  • ジョブスイート キャリア
  • LINE採用コネクト
  • HITO-Linkリクルーティング

採用管理システムの有無で、採用効率は大幅に変わってきます。特に応募者の数が多い規模が大きい企業や、認知度が高い有名な企業はシステムを使わずに採用活動をすると膨大な業務量により忙殺されてしまいます。

そのため、収入アップを目指して大手の企業を目指す場合や、人事・採用部門で管理職を目指す場合であれば、採用管理システムの利用経験が転職活動の役に立つでしょう。

しかし、今勤めている企業が採用管理システムを使っているとは限りません。経験がないのであれば、有名な採用管理システムの特徴や機能を把握しておくのがおすすめです。

人事・採用部門への転職を目指すのであれば、採用管理システムに関する知識や経験を活かして転職を有利に進めてください。