収入アップと転職成功につながるアプリ開発プラットフォーム比較

最近では、スマートフォンやタブレットに対応したアプリが多くリリースされています。無料のものから有料のものまで種類は豊富ですが、それだけアプリを開発している企業が多いことを表しています。

今後、アプリ開発の分野へ転職を考えるのであれば、アプリ開発プラットフォームを使いアプリを開発した経験を持つと良いでしょう。

ここからは、転職を成功させ収入アップに繋がるアプリ開発プラットフォームを紹介していきます。

アプリ開発プラットフォームとは


近年、モバイルアプリの需要が高まっており、アプリ開発に取り組む企業も増えています。

実際にアプリ開発に関する求人は増えており、人気の職種になっています。スマートフォンやタブレット用のアプリのニーズが高まっているだけでなく、「アプリ開発プラットフォーム」が普及したのも大きな要因になっています。

では、アプリ開発プラットフォームとはどのようなものか見ていきましょう。

アプリを開発する環境のこと

アプリ開発プラットフォームとは、モバイルアプリなどを開発する環境のことです。「アプリ」と一言で表現してもその種類は多岐に渡り、大きく分けて「ネイティブアプリ」と「Webアプリ」があります。

ネイティブアプリとは、スマートフォンやタブレットなどの端末にダウンロードするものであり、WebアプリはWebブラウザ上で利用するアプリです。

このようなアプリの中に、さまざまなゲームを楽しめるゲームアプリや、TwitterやInstagramのようなSNSアプリ、SkypeやLINEなどの通信アプリ、音楽アプリ、動画アプリ、ECアプリなどがあります。

アプリを開発する際はどのようなアプリを作るのか企画し、開発環境を揃えることが必要です。

モバイルアプリ開発に必須

先程のように、モバイルアプリを開発するためには開発環境を構築する必要があります。もちろん、自社で必要なインフラを構築すればアプリ開発を行えるでしょう。しかし、開発環境を一から作るとなるとコストや時間がかかってしまいます。

そこで、アプリ開発プラットフォームを利用すれば、自社で開発環境を構築する必要はありません。アプリ開発を専門的に行っている企業でも、特定のアプリ開発プラットフォームを利用しているケースも多いです。

つまり、今後はモバイルアプリを開発したい場合や、転職を考えている場合は、アプリ開発プラットフォームを使った経験が重視されます。

アプリ開発プラットフォームが使われる部署・職種


アプリの開発に興味がある方は、まずどのような部署や職種でアプリ開発プラットフォームが使われるのかを押さえておきましょう。

アプリ開発プラットフォームが使われる部署・職種

  • アプリ開発部門
  • システム企画・設計部門

アプリ開発部門

まず、第一にアプリ開発プラットフォームを使うのはアプ開発部門です。アプリ開発を実践する現場で最もよく使われます。しかし、企業によってはアプリ開発を実践する部門であっても、アプリ専門ではないこともあるので注意してください。

アプリだけでなく、一般的なシステムを開発している企業であれば「システム開発部門」が該当するでしょう。つまり、アプリ開発プラットフォームの経験や技術だけでなく、システム開発のスキルも求められるのです。

これから「アプリ開発のみをやってみたい」と考えている人であれば、アプリを専門的に開発している会社を目指さなければなりません。

そのため、未経験からアプリ開発のエンジニアを目指す場合は、システム開発の知識・技術、開発環境を使った経験が同様に必要なので注意してください。

システム企画・設計部門

アプリ開発部門と同様にアプリの企画や設計する部門でもアプリ開発プラットフォームを使った経験が活きます。アプリの企画をする段階で、どの開発環境を使って開発をするかを決めるからです。

そのため、さまざまなアプリ開発プラットフォームを使った経験があれば、アプリの企画や設計をしやすくなります。しかし、企業によってはシステムの企画や設計などの部署が、開発部門と別ではなく、一緒になっていることもあります。

転職活動をするときには、アプリ開発プラットフォームを使った経験が活かせる企業によって異なる点に注意することが大切です。

アプリ開発環境と転職の関係性


アプリ開発プラットフォームの概要と使っている部署・職種を押さえたところで、どのように転職と関係しているでしょうか。

ここからはアプリ開発プラットフォームと転職の関係性を紹介していきます。

アプリ開発環境と転職の関係性

  • 企業におけるニーズ
  • 将来的な導入の状況
  • 必要な技術・経験

企業におけるニーズ

アプリ開発プラットフォームがあれば、自社で環境を構築する必要がなくなるため、今までよりもアプリの開発を実行しやすくなります。

最近では、スマートフォン・タブレットが使われている機会が多いため、それに伴ってモバイルアプリの需要も高まっています

特にITサービスを提供しているIT企業であればなおさらです。今提供しているシステムやサービスのアプリ版をリリースすることができれば、内容は同じでも業務効率化を実現できる可能性が高まり、売上が飛躍的に伸びるかもしれないからです。

そこで、自社で既に使っているアプリ開発プラットフォームを使いこなせる人材がいれば、中途採用で確保したいと企業は考えるでしょう。

特にこれからアプリ開発に力を入れていきたいという企業であれば、積極的に採用しています。アプリ開発のスキルだけでなく、複数種類のアプリ開発プラットフォームを使った経験があれば、企業は高く評価し転職を成功しやすくなるでしょう。

将来的な導入の状況

既にアプリ開発プラットフォームを使ってアプリ開発をしている企業は多いです。

従来よりも初期費用を抑えて開発環境を構築できることもあり、新しくアプリ開発事業に取り組もうとする企業も増えるでしょう。企業側のニーズは今後も高まっていくと見込まれているため、アプリ開発に関する知識・技術・経験があれば転職する際の選択肢を広げるヒントになります。

今では人工知能(AI)や機械学習の分野やモノとインターネットが繋がるIoTの分野、現実を拡張するARの分野が人気です

当然、人気がある分野のアプリ開発実績があれば、企業側のニーズが高いのでスムーズに選考を進められるでしょう。

必要な技術・経験

アプリ開発をする際は、アプリ開発プラットフォームのような開発環境だけでなく技術が必要です。多くのアプリ開発プラットフォームでは、対応したプログラミング言語が必要です。

つまり、アプリ開発プラットフォームを使った経験が薄い場合でも、システム開発のプロジェクトで対応していたプログラミング言語を使っていればアプリ開発の経験をカバーできるでしょう

反対にアプリ開発プラットフォームの知識はあっても、経験した実績はないとあまり転職では効果はありません。今後、アプリ開発の仕事に就いてみたいと考えている方は、アプリ開発プラットフォームだけでなくプログラミング言語に関する知識と技術も身につけましょう。

このスキルと経験によって、収入アップの度合いや転職の成功率は変わってきます。

Unity


Unityはモバイルアプリの中でもゲームに特化したアプリ開発プラットフォームです。特にゲームが好きな方であれば、スマートフォン用のゲームアプリを開発している企業を目指す方も多いでしょう。Unityは限定的なアプリ開発プラットフォームですがニーズは高いです。
Unity のリアルタイム開発プラットフォーム | 3D、2D、VR と AR のビジュアライゼーション

特徴

Unityはゲームに特化しているだけでなく、マルチプラットフォームに対応している点も大きな特徴です。Windows、Mac、Linuxのデスクトップでアプリ開発が可能であり、iOS・Androidの両者に対応しています。さらに、ノンプログラミングで開発できる範囲が広いため、比較的簡単にアプリ開発に臨めます。

さらにアセットストアと呼ばれる、プログラミングで使える素材を購入できる環境が充実しているため、機能の拡張をしやすく開発の効率を高められるので便利です。

知識・経験があると転職に有利な理由

Unityは人気があり利用している企業も多いですが、その範囲は非常に限定的であるため注意してください。しかし、ゲーム以外にも医療分野や教育分野のシステム開発に応用される事例もあります。

現時点では、ゲームに関するモバイルアプリの開発に興味がある方であれば、知識や経験が役に立ちます。無料版もリリースしているので、実際にダウンロードして使ってみるのがおすすめです。

Monaca


Monacaは、ブラウザを介してアプリを開発できるクラウド型のアプリ開発プラットフォームです。開発からアプリのリリースまで行えるので便利です。

Monaca – HTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォーム

特徴

Monacaは無料でも利用できるアプリ開発プラットフォームであり、アプリ開発の取っ掛かりとして使われる機会も多いでしょう。また、Monacaの最大の特徴はクラウド上でアプリを開発することができる点です。

つまり、使用するデスクトップに特別なツールをインストールしなくても、ネット環境があればどこでもアプリが開発できるのです。他にも、作成したコンテンツはiOS・Androidの両者に対応できるため便利の開発できるでしょう。

知識・経験があると転職に有利な理由

Monacaもアプリ開発に必要な知識や技術がなくても開発を行えるサービスです。しかし、高度なアプリを開発しようと思えば、専門的な知識や技術、有料プランなどが必要になります。

アプリ開発を本格的に行っている企業でもMonacaが使われることがありますが、その場合は、経験やスキルが求められます。無料から利用できることもあるため、アプリ開発を目指している方であれば一度自分でアプリを作ってみると良いでしょう。

Yappli


Yappliは手軽にアプリ開発を行えるアプリ開発クラウドです。開発だけでなく運用や分析を行えるため、企業でも使われることが多いプラットフォームです。

アプリ開発・運用・分析をクラウドで実現するYappli(ヤプリ)

特徴

Yappliの最大の特徴は、品質が高いアプリを短い時間で手軽に作れることです。また、難しいプログラミングは必要ないため、初心者でも扱いやすく「アプリ開発」のハードルを下げられます。

具体的なYappliの使い方は簡単であり、作りたいアプリの機能を選択し、カラーなどのデザインを行います。基本的には既に用意されている素材を使いますが、必要に応じて微調整することも可能です。最後に、選択した機能の調整を行うだけでアプリが完成します。

iOSとAndroidの両方に対応しているため、モバイルアプリの開発を行いやすい環境といえるでしょう。

知識・経験があると転職に有利な理由

簡単にアプリを作れるため、企業側のニーズが高く人気があ開発環境であり、顧客用のアプリだけでなく社内で利用するアプリの開発にも向いています。

開発するハードルは低いとはいえ、知識・経験があると開発できるアプリの幅は広がります。使っている企業が多いこともあり、知識や経験があれば転職活動のプラス要因になり得るでしょう。

LANSA


LANSAはビジネス向けのアプリ開発プラットフォームであり、簡単に開発環境を用意できます。本格的なアプリ開発を行っている企業で使われることが多いです。

ローコード(Low-Code) モバイル アプリ開発, データ・インテグレーション | LANSA

特徴

LANSAは、アプリをインストールするスマートデバイスの機能を活用することが可能です。

例えば、GPS機能やカメラ、Bluetoothといった機能を使ったアプリの開発ができるため、他の開発環境よりも開発できる幅は広いと言えるでしょう。

このようなアプリを開発すれば、仮にインターネット接続が切断された場合でも使い続けることが可能であり、社内の業務効率化を図るアプリの開発でも使われています。

知識・経験があると転職に有利な理由

LANSAは幅広くアプリ開発を行えるので、企業側のニーズも高いです。しかし、便利に利用できる開発プラットフォームですが、個人で使用している方は少ないと言えるでしょう。そのため、企業側はLANSAを使った経験がある人材を確保するのは難しいです。

LANSAを利用して開発できる人材が少ないことで、転職する際の価値が高まり、効果的にアピールができれば面接などの選考も通りやすくなるでしょう。

Xamarin


Xamarinは、iOS・Android・Windowsに対応したアプリを開発できる、オープンソースのアプリ開発プラットフォームです。

Xamarin ドキュメント – Xamarin | Microsoft Docs

特徴

一般的にiOSとAndroidのアプリを開発する際は、別々のプログラミング言語でソースコードを書かなければなりません。しかし、このXamarinはクロスプラットフォームに対応しており、1つの言語で開発した内容をiOSとAndroidの両者に対応させることが可能です。

つまり、1つのコンテンツを作成するだけでiOSとAndroidのアプリを開発できます。

知識・経験があると転職に有利な理由

Xamarinは他のアプリ開発プラットフォームと違い、ノンプログラミングとはいきませんが便利で充実した開発環境を提供しています。企業側のニーズが高く、使いこなすことができれば即戦力として活躍できるでしょう。

オープンソースであり無料で利用できるため、対応している環境を揃えれば自宅でもアプリを開発することが可能です。どのようなプラットフォームなのか、自分でアプリを作った経験があれば、転職する際の面接で効果的なアピールも行えます。

アプリ開発環境の知識・経験を積んで転職を有利に進めよう!

収入アップや転職成功につながるアプリ開発プラットフォーム

  • Unity
  • Monaca
  • Yappli
  • LANSA
  • Xamarin

アプリ開発プラットフォームの種類はさまざまありますが、無料で利用できるものも多くあります。基本的にはiOS用のアプリを開発する際にはMacが必要になりますが、Web上でアプリ開発できるプラットフォームであれば、作業をするデスクトップに関係なくアプリ開発を行えます。

IT業界が未経験の場合であれば、アプリ開発への転職は厳しいですが、システムの企画・設計を行っていた方であれば、今回紹介したようなアプリ開発プラットフォームを使用した経験を積むことで転職に成功しやすくなり、収入もアップしやすくなります。

アプリ開発に興味があり、そのような職種に転職を希望している方であれば、無料で利用できるプラットフォームを使いアプリを開発する経験を積みましょう。そのためにも、まずは自分がどのようなアプリを作りたいのか目標を決めるのがおすすめです。

アプリ開発プラットフォームには導入のハードルが低いため、システムを開発している仕事をしている方であれば、新しいプラットフォームの導入を社内で提案し、新しいプロジェクトを作って経験を積むのも良いかもしれません。

アプリ開発を目指す人は以下の記事なども参考にしてください。

収入アップと転職成功につながるプログラミング言語ランキング