仕事検索の engage(エンゲージ)とindeed(インディード)を徹底比較

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

用活動を円滑に進めるツールの中でも人気がある「engage」と「Indeed」。

両方とも基本的に無料で利用できる点が共通していますが、細かい特徴は異なるので注意する必要があります。

ここからは、engageとIndeedの共通点と異なるポイントを比較・紹介します。

仕事検索の engage(エンゲージ)とindeed(インディード)を徹底比較の要約

3行要約
  • engageは採用支援ツール、Indeedは検索エンジン
  • 自社の求人ページが充実しているなら「Indeed」がおすすめ
  • 自社ページを作成する力がない場合は「engage」がおすすめ

engageとIndeedの大きな違い


engageとIndeedは両者とも企業の採用活動をサポートするサービスですが、大きく仕組みが異なります。

効率良く採用活動を進めるためにも、どのような仕組みが異なるのか把握することが大切です。

engageとIndeedの大きな違い

  • Indeedは求人を吸い上げる検索エンジン
  • engageは無料で利用できる採用支援ツール

Indeedは求人を吸い上げる検索エンジン

Indeedは「Indeed, Inc.」が運営している求人情報を閲覧できるWebサイトです。

Indeedは求人サイトと勘違いされることが多いですが、正確には「求人情報特化型の検索エンジン」です。

世の中にはさまざまな求人サイトや企業が自社サイトの採用ページなど、求人情報が溢れています。

そこでIndeedは独自のアルゴリズムにより、条件に合致した求人を自動的に吸い上げて集約し一覧表示し、Indeedを通じて該当するページにアクセスできる仕組みです。

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンと同様に、Indeedの中の検索窓に希望する条件を入力するだけで、簡単に求人を検索できます。

求職者はIndeedを使うことで効率良く求人を探すことができ、企業はIndeedに掲載されるように工夫するだけで、求人情報の露出を増やせるのです。

最近では、Indeed内に無料で求人ページを作成できることもあり、多くの企業が利用しています。

engageは無料で利用できる採用支援ツール

一方engageは、エン・ジャパン株式会社が運営している無料で求人情報を掲載できる採用支援ツールです。

最大の特徴は一般的な求人サイトと同じように求人情報を掲載できますが、充実した採用ページを作れる点です。

自社サイトがない企業や自社サイトに採用ページがない企業が、採用ページを新たに構築するには時間と費用がかかります。

そこでengageを利用すれば、充実した自社サイトの採用ページを無料で作ることができます

採用・求人ページのフォーマットは決まっており、ホームページを作成するためのコーディング作業は不要です。

テキストの情報を入力するだけで完成するため、短時間で構築できる点も大きな特徴です。

Indeedの詳細な特徴


Indeedは人気があるサービスであり便利に使えますが、利用する前にどのような特徴があるのか把握しておきましょう。

Indeedの特徴

  • 無料で求人を作成できる
  • プロモーションを積極的に行っているため知名度が高い
  • 予算の設定など自由度が高い

無料で求人を作成できる

Indeedは求人に特化した検索エンジンであり、求人情報を自動的に収集可能です。

しかし、全ての求人が収集されるわけではないため、自社サイトで作成した採用ページが必ずIndeedに掲載されるわけではありません

もしIndeedに求人情報を掲載したい場合は、Indeedに対応している求人サイトに載せる必要があるため、広告掲載料が発生してしまいます。

そこで自社の求人がIndeedに反映されない場合は、Indeedで求人ページを作成できます。

簡易的な企業ページも作成できるため、コストを抑えて採用活動を行えます

プロモーションを積極的に行っているため知名度が高い

IndeedはテレビやWeb、街中にも広告を展開しており、求職者だけでなく企業の知名度が高く世界利用者数No.1求人検索エンジンです。

予算の設定など自由度が高い

Indeedは無料で利用できますが、同じことを考えている企業が多くあるため、日々新しい求人が生まれ、膨大な情報に埋もれてしまい注目度が薄れていきます。

Indeedには「スポンサー求人広告」という、求職者が検索した条件に合わせて上位表示されるようになるシステムがあります。

このスポンサー求人広告は、求人ページがクリックされる毎に課金される成果報酬型であるため、自社の予算に合わせてアピールできます

他にも有料プランですが自社のブランド構築に関する機能や、Indeedの情報を分析するアナリティクス機能などを利用できます。

この機能は「企業ページプレミアム」というサービスであり、求人掲載数に応じて適したプランが変わるため、利用する際は問い合わせが必要です。

アナリティクスの機能

  • ブランディングとエンゲージメントの詳細な指標
  • クチコミのフィルタリングと検索
  • 評価のフィルタリング
  • 競合他社との比較
  • フォロワーの指標

企業ページプレミアムで利用できるアナリティクス機能では、企業ページの詳細な分析を行えます。
例えば、利用者の動きから企業ブランディングが応募に繋がっているのか効果測定ができます。
他にも自社に寄せられた口コミや評価をフィルタリングし分析することで、求人に対する印象を把握できます。

Indeedを使うときのメリット・デメリット


Indeedは多くの求職者が利用する検索エンジンですが、それ以外にもメリットが多くあります。

また、メリットだけでなくデメリットも存在するので、利用を決める前に確認しておくことが大切です。

Indeedのメリット
  • コスト・時間をかけずに求人を作成できる
  • 採用にかかる費用を調整しやすい
Indeedのデメリット
  • Indeed内だと求人が埋もれてしまいやすい

コスト・時間をかけずに求人を作成できる

Indeedを利用する最大のメリットは、無料で求人ページを作成できるだけでなく、短時間で求人情報をIndeed内に投稿できる点です。

情報を入力するだけで求人ページを作成でき、Indeedの公式サイトの案内によると最短5分程で求人の投稿が完了します。

採用にかかる費用を調整しやすい

Indeedの求人は基本無料で利用でき、スポンサー広告枠を利用する場合でも成果報酬形式で課金されるので無駄がありません。

自社で予算を設定しておけば、その金額に応じて費用を調整することができます。

上位表示に高額な費用が発生することなく、予算を設定することで想定以上にコストかかることもありません。

自社の状況や予算に応じて採用活動を行えるため効率化を図りやすいです。

Indeed内だと求人が埋もれてしまいやすい

Indeedは無料で求人を作成できるだけでなく、さまざまな求人情報を収集しているためサイト内の求人は膨大な数になります

先程の説明の通り、新しく求人を掲載したとしても、さらに新しい求人によって時間の経過とともに埋もれてしまいます。

「Indeedだけで必要な応募数を賄う」といった結果を望む場合は、求人数を多くして露出を増やすか、スポンサー広告枠を利用する必要があります。

この場合、求人を作成する手間や広告枠を利用する費用がかかってしまいます。

Indeedを利用する場合は、求人が埋もれてしまうリスクを考えることが大切です

engageの特徴


しっかり比較するためにも、Indeedとどのような違いがあるのか、今度はengageの特徴を細かく紹介していきます。

engageの特徴

  • 求人と採用ページの両方を作成できる
  • 無料で利用できる機能が充実している

求人と採用ページの両方を作成できる

engageもIndeedと同様に求人ページを無料で作成できます。

求人数の上限はないため、店舗数や職種数、正社員・アルバイト・パートなど複数の雇用形態が分かれる場合でも、費用を気にすることなくページを作成できます。

Indeedも企業情報を掲載できるページを作成できますが、写真を使える枚数が多く情報量が多いページを作れます

求人を出している企業の情報が多ければ興味を持ちやすくなるだけでなく、求職者が判断する材料が増えて安心して応募できるため、応募数の増加が見込めます。

無料で利用できる機能が充実している

engageとIndeedの最大の違いは、無料で利用できる機能の数です。

いずれのツールも求人・採用ページを無料で作成できますが、engageの方が無料で利用できる数が多いです。

無料で利用できる機能は以下の通りです。

無料で使える機能

  • 採用ホームページの作成(期間・コンテンツ数は無制限)
  • 求人ページの掲載(期間・件数は無制限)
  • スカウメールの送信(週10通まで。中途採用の正社員募集のみ対象。)
  • 応募者一括管理(メッセージ送信など)
  • リンク・バナーの設置
  • スマホ最適化
  • SNS連携
  • オンライン適性テスト『Talent Analytics』(利用開始から1ヶ月間、合計3名まで)
  • 入社者フォロー機能『HR OnBoard』(入社者合計3名まで)
  • ビデオインタビュー機能(毎月3名まで無料)

複数の媒体に自動転載される

engageを利用すると、特別な手続きを行うことなく下記のサイトに自動的に転載されます。

engage利用で掲載される転職サイト

  • Indeed
  • LINEキャリア
  • Google しごと検索
  • Yahoo!しごと検索
  • 求人ボックス

複数の媒体に求人の情報が掲載されることで、求職者の目に触れる機会が増えることで、応募数の増加が期待できます。

engageのメリット・デメリット


engageにはどのようなメリットとデメリットがあるのか紹介していきます。

engageのメリット
  • コストをかけずに採用ページを作れる
  • 無料でエン転職の会員にスカウトメールを送れる
右タイトルengageのデメリット
  • サイト自体も自分たちで作らなければならない

コストをかけずに採用ページを作れる

engageは一部の機能に回数制限がありますが、基本的に全ての機能を無料で利用できます。

フォーマットが決まっているものの、充実した自社採用ページを無料で作成できるのは特に大きなメリットといえるでしょう。

無料でエン転職の会員にスカウトメールを送れる

engageはエン・ジャパン株式会社が運営している大手転職サイトである「エン転職」の会員に対して、スカウトメールを無料で送れます。

エン転職の会員数は700万人ほどになるため、希望する条件に合致する人材に向けて送信できます

スカウト機能の使い方も簡単で、条件を設定して検索し、気になる人材を見つけたら「スカウト送信ボタン」を押すだけで完了です。

スカウトメールの文面が固定である点や週に10通までしか送れないなど制限がありますが、有効活用することで効果的に採用活動を行えます。

サイト自体も自分たちで作らなければならない

engageのデメリットは、求人ページや採用ページを自身で作らなければならないことです。

Indeedも自身で作成する必要がありますが、engageの方がサイトを作り込める分、手間がかかります。

また、情報を掲載しているページが充実していないと求職者にマイナスな印象を与えてしまいます。

求職者に興味を持ってもらうページにするには創意工夫・試行錯誤が必要であり、効果が出るまでに時間がかかるケースが多くあるため注意が必要です。

どちらが向いているか比較するポイント


engageとIndeedは共通点が多くあるため、どちらを使えば良いか迷うケースも多くあります。

自社がどちらが向いているか比較するポイントを紹介します。

どちらが向いているか比較するポイント

  • 自社の求人ページが充実しているなら「Indeed」
  • 自社ページを作成する力がない場合は「engage」

自社の求人ページが充実しているなら「Indeed」

Indeedは企業ページを作成できますが、多少簡素に感じられるかもしれません。

自社のページの充実度が高い場合は、利用者数が多いIndeedを利用して露出を増やすのがおすすめです。

Indeedには自社サイトやSNSの情報も掲載できるので、露出を増やし応募数の増加や自社サイトへの流入を目指すと採用活動の効果を総合的に高めるのに役立ちます。

自社ページを作成する力がない場合は「engage」

自社サイトに採用ページがない場合や、充実したページを作る技術などがない場合はengageを利用するのが向いています。

engageを使えばサイトを構築する特別な知識や技術は必要ありません。

さらに、engageでは写真を使った分かりやすいバナーリンクを作成でき、自社サイトに設置できます。

分かりやすい場所にengageのバナーを置くことで、自社サイトからengageへの流入が期待できます

Indeedとは反対に、自社サイトから内容が充実したengageへ誘導することで、採用活動の効果を高めるのに役立ちます。

engageがおすすめである理由


engageとIndeedのどちらを利用するか迷ったときは、「engage」を利用するのがおすすめです。

ここからはengageがおすすめである理由を紹介します。

engageがおすすめである理由

  • Indeedにも掲載されるなど露出を増やせる
  • 自社サイトやSNSなどと連携できる

Indeedにも掲載されるなど露出を増やせる

engageがおすすめである最大の理由は、手続きなしで自動転載されるサイトに「Indeed」が含まれるからです。

Indeedを利用する最大のメリットは「利用者数が多い」という点ですが、engageの情報が転載されるため、Indeedのユーザー数が多い点の恩恵を受けられます

Indeedの企業ページを作成するわけではないため、有料のアナリティクスなどは利用できませんが、露出を増やすことを考えるとメリットは大きいです。

自社サイトやSNSなどと連携できる

engageは充実した採用ページを構築できるだけでなく、自社サイトやSNSなどと連携させることで、興味を持ってもらいやすい工夫を行えます

露出を増やし自社の魅力を伝えられるように、採用ページを作り込めるため、engageを利用するのがおすすめです。

自社に合ったツールを活用して効率良く採用活動を行おう!

engageとindeedの比較

  • どちらも無料で求人・採用ページを作成できる
  • engageは無料で利用できる機能の幅が多い
  • Indeedは利用者数が多く有料の機能が充実している
  • engageはIndeedに自動転載されるのでおすすめ

engageとIndeedは共通点もありますが、細かい部分の特徴は異なるので注意してください。

Indeedは簡単に利用できるだけでなく予算によって使える機能や企業サイトの充実度など、利用できる幅を調整できます。

engageはIndeedなどの求人情報を掲載しているサイトに自動転載できるなど、無料で利用できる機能が充実しています。

それぞれの特徴と違いを把握し、自社に合ったツールを使って効率良く採用活動を行うのがおすすめです。

engageに関しては以下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

転職のエンジャパンの求人サービス『engage(エンゲージ)』とは?