転職エージェントの非公開求人って本当に条件がいいの?|素朴な転職の疑問

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職エージェントサービスでは一般に、公開されている求人よりも非公開求人をたくさん扱っています。

しかも非公開求人は公開求人よりも好条件のものが多い傾向があります。

求人を非公開にするのはなぜでしょうか、そして非公開求人を紹介してもらうにはどうしたらよいのでしょうか。

この記事では転職エージェントの非公開求人について、解説していきます。

転職エージェントの非公開求人とは

非公開求人とは、一般向けには広く公開されていない求人のことを指します。

転職サイトや転職エージェントサイトには掲載されていないため、企業名や職種などで検索しても、検索結果に表示されることはありません。

一般に転職エージェントが扱っている求人の約8割は非公開求人であるといわれています。

また、公開求人に比べて非公開求人のほうが条件的にも良いものが多い傾向があります。

これらの非公開求人の情報は、いったいどのようにしたら得られるのでしょうか。

非公開求人を紹介してもらうまで

転職エージェントに登録していない段階でも公開求人の検索まではできることが多いですが、基本的に一般向けの検索で非公開求人を見ることはできません。

非公開求人の情報を知るためには、まずはいずれかの転職エージェントサービスに登録することが前提です

ただし、登録さえすればその転職エージェントサービスが保有している非公開求人全体を検索できるようになるとはかぎりません。

登録した後は、担当の転職エージェントとの面談で自分の経験やスキルや希望する条件などのやり取りが行われます。

その面談内容などを考慮して、転職エージェントがその人に合っていると判断した非公開求人があれば、その段階でその非公開求人を紹介してもらえることになります。

非公開求人の内容

非公開求人では求職者に求めるスキルや実績の基準が公開求人よりも詳しくに設定されており、そのポジションにおいて即戦力となり得る人材を求める内容のものが多い傾向があります。

非公開求人は求人情報が広く一般に公開されておらず、アプローチ方法としても限定的です。さらに、求人内容としても誰でも応募可能というものは少ないです。

つまり非公開求人は、厳選された人にしか紹介されないという意味で、門戸が狭い求人であるといえます。

具体的な求人として多いのは、マネジメント人材やスペシャリスト人材などです。

これまでの実績を活かして経営幹部としてキャリアアップしていこうと考えている方や、ひたすら得意なスキルを極めていきたい方には非公開求人が向いているといえます。

非公開求人の中には人気のある大手企業や有名企業の求人案件が含まれていることがあり、魅力的な求人が多いことも確かです。

募集企業が求人を非公開にする理由

なぜ、募集企業が求人を公開せずに非公開求人にしているのかについては、以下のような理由が考えられます。

非公開にする理由

  • 大量の応募を避けるため
  • 人材を早期に確保するため
  • 社外や社内への情報流出を防ぐため

大量の応募を避けるため

求人を非公開にする大きな目的のひとつに、大量の応募を避けることがあります。

大手人気企業や知名度の高い企業などの魅力的な条件の求人では、転職サイトや一般の求人情報に掲載すると大量の応募が殺到することになります。

インターネットが普及しているため、求人情報を公開すると、一斉に全国の求職者が目にすることが可能になります。

そこで、誰でも応募可能な公開求人であれば、内定の可能性は低いと思いながらも一応応募だけはしておこうという人もいるため、多数の応募が来てしまいます。

求人を出した企業の採用担当部署では応募書類に目を通すだけでも一苦労で、選考作業に影響を与えかねません。

公開求人ではなく非公開求人にすれば、その求人を世間一般に見られることはなくなるため、応募の殺到を防ぐことができます。

さらに、募集人材に求める要件を転職エージェントに対してあらかじめ伝えておけば、マッチングする可能性の高い人材だけを推薦してくれるようになります。

結果として転職エージェント側でスクリーニングされて残った何人かの応募者について、企業側でじっくり選考できるようになります。

人材を早期に確保するため

公開求人の場合、その転職サービスのウェブサイトに求人情報が掲載されるまでに時間を要することがあります。

急な欠員補充や人員採用の必要性が生じたときには、このような公開での求人の手続きをとっていては間に合わなかったり、求人掲載のための予算が確保されていないケースもしばしばです。

非公開求人にすれば、公開求人に比べて採用にかかる時間を短縮し費用も削減できることが多いです。

また、転職エージェントのほうから条件に合いそうな求職者に積極的に応募を促すこともできるでしょう。

非公開求人にすることで転職エージェント側で応募が厳選され、選考対象の人数が絞り込まれているため、選考が早くなる部分も期待できます。

社外や社内への情報流出を防ぐため

求人情報には、仕事内容や必要資格、勤務先や給与額や福利厚生など、募集している人材に関する項目が記載されています。

こういった公開情報を読み解くことで、その求人を出した企業の内情や今後の戦略について、外部からうかがい知ることが可能になります。

非公開求人が利用される背景には、競合他社や取引先、場合によっては社内の関係者に知られるリスクを避けるためという目的もあります。

公開求人がウェブ上で無制限に拡散されるのに比べて、非公開求人では情報を限定的な形で留めておくことが可能になります。

例えば、以下のようなタイプの非公開求人案件が、その例として挙げられます。

経営幹部層の求人案件

その企業の経営の中枢を担う役員やマネジメント層の募集は、企業としての大きな動きを隠すために非公開求人になりやすいです。

こういった人材の募集を社内に知られると、なぜ内部昇格でなく外部からなのかとの憶測を呼んだりするなど、人事を巡る混乱が広がるのを防ぐ意味合いもあります。

ただし、役職が上がるほどいわゆるヘッドハンター経由になることが多く、転職エージェント経由のケースは少なめになる傾向があります。

人員削減(リストラ)を担当する人事部系の人員募集を非公開にするケースもあります。

新規事業に関わる求人案件

何かの商品やサービスを市場に投入することは、参入障壁を築けることがあるなどのメリットがあるために先行企業が有利になりやすいです。

そういった新規開発事業に関わる人材を募集していることは、できるかぎり競合他社などに知られたくないものです。

たとえばある会社が「○○に詳しいAIエンジニア」という公開求人を出しただけで、競合他社から見ればその会社が何をしようとしているのかが伝わってしまうこともあり得ます。

企業の事業戦略や競争戦略の観点から、新規プロジェクトに携わるような人材の募集は、非公開求人で行われることが多くなります。

株式公開に関わる求人案件

企業活動において株式公開は、それによって市場から資金を調達できるようになるという意味で非常に大きなものです。

このような株式公開に関わる求人では、非公開で募集されることが多く、厳重に取り扱われる傾向があります。

求職者から見る非公開求人のメリット

非公開求人には次の3つのメリットがあります。詳しく見ていきます。

非公開求人のメリット

  • 求人の選択肢が増える
  • 公開求人より条件がよい案件が多めである
  • マッチング率が高い傾向がある

求人の選択肢が増える

まず、転職する際の選択肢が増えることが挙げられます。

公開求人だけでも一定数はあるのですが、非公開求人は全求人の8割から9割あるとも言われています。

転職エージェントサービスを利用すると、公開求人と非公開求人を合わせ転職先の候補が増えることが期待できます。

転職活動では多くの選択肢を持つことはさまざまな面で有利になり、それが転職の成功につながる可能性もあります。

公開求人より条件がよい案件が多めである

非公開求人を紹介してもらえるようになるメリットは、単に量的に選択肢が増えるだけではありません。

非公開求人では大手企業や有名企業などの、好条件の求人が多い傾向があります。

つまり、求人が量的に増えるだけでなく、質的にも良くなる可能性が高いということです。

マネジメント人材やスペシャリスト人材の求人は非公開求人に多く、キャリアアップや年収アップなどを目指す方にとって魅力的でしょう。

マッチング率が高い傾向がある

非公開求人は公開求人とは異なり、限定された人しか見ることはできません。

転職エージェントサービスに登録した後、基本的に転職エージェント側から紹介されるものです。

このとき転職エージェントは、企業の求める人物像と求職者の希望や適性を考慮し、保有している非公開求人の中から厳選して、最適な求人案件を薦めてくれます。

すなわち、ある非公開求人を紹介してもらった時点で、ある程度のマッチングが済んでいると言えます。

企業にとっては要望どおりの人材を採用でき、求職者にとっては自分に合う企業からの内定を効率的に得られる可能性があると、双方にメリットがあります。

求職者から見る非公開求人のデメリット

残念ながら、非公開求人にはデメリットもあります。以下の3つのポイントを見ていきます。

非公開求人のデメリット

  • 募集条件に達していないと紹介してもらえない
  • 求人情報の一部しか教えてもらえないことがある
  • 自分で探して選べるわけではない

募集条件に達していないと紹介してもらえない

非公開求人は転職エージェントに会員登録しさえすれば紹介してもらえるものではありません。

採用する企業側の要求水準をクリアした上で、本人の希望や適性をふまえて転職エージェントがその非公開求人を紹介するかどうか判断することになります。

その際、非公開求人ではマネジメント人材やスペシャリスト人材の求人が多いため、一般的に公開求人に比べてスキルや経験などの要求水準が高めになる傾向があります。

もしある求人案件が求めるスキルや経験などが不足していた場合、その求人を紹介してもらえることはありませんし、その求人があることを知る機会すら与えられません。

とはいえこれを逆に考えれば、高いスキルや豊富な経験などをお持ちであればあるほど、より条件のよい非公開求人をいくつも紹介してもらえる可能性が高くなるといえるでしょう。

求人情報の一部しか教えてもらえないことがある

非公開求人の情報は基本的に公開されていません。

ここで気をつけたいのは、転職エージェントから紹介される際にも、社名などを伏せた限定的な情報しか教えてもらえない場合があることです。

転職エージェントから紹介された段階ではまだ本採用には至っていない以上、最低限の情報開示しかできない、というのが非公開求人を出した企業側のスタンスと考えられます。

その非公開求人に応募するかどうか、教えてもらえた部分の情報だけをもとに判断する場合もあります。

自分で探して選べるわけではない

非公開求人は基本的に担当の転職エージェントから紹介されるもので、転職エージェントのウェブサイトで非公開求人を含めた求人全体を検索して自分で見つけるというものではありません。

保有している非公開求人の中から、どの案件なら求職者にマッチングしそうかを判断して紹介するかどうか決めるのは、あくまでも転職エージェントです

また、転職エージェントはたくさんの非公開求人を保有していますが、手持ちの非公開求人をすべて見せてくれるわけではありません。

求職者側ができるのは、良い非公開求人があれば紹介して欲しいと転職エージェントに伝えることと、紹介された非公開求人に応募するかどうか判断することだけで、非公開求人に対してはやや受身の姿勢にならざるを得ないともいえます。

非公開求人は本当に条件がよいのか

ここまで非公開求人の特徴についてご紹介してきましたが、転職エージェントの非公開求人は、本当に条件がいいのか確認していきます。

公開求人との比較

公開求人と非公開求人を比べてみましょう。

公開求人は、採用側が求人情報を公開することで募集していることを広く知ってもらい、多くの人に応募してもらってその中から選びたい、というときに使われることが多いです。

これに対して非公開求人は、求人情報を公開せず、即戦力として活躍できる一人または若干名の採用となるのが一般的です。

両者それぞれに特徴があるのですが、募集する企業の規模や人気度、年収や待遇面において、公開の求人よりも非公開の求人のほうが好条件になっていることが多いです。

結局は好条件の求人を紹介してもらえるかどうか

しかし、非公開求人は転職エージェントに紹介してもらわないかぎり、求人の存在を知ることすらできません。

また、非公開求人といってもさまざまで、全てが好条件の求人であるとはかぎりませんし、人によって合う合わないというところもあるでしょう。

結局は転職エージェントに自分に合った好条件の求人を紹介してもらえるかどうかが鍵ということです。

そのためには、自分自身の市場価値を高めておくことと、転職エージェントに自分のキャリアプランや希望条件などを明確に伝えておくことが重要です。

非公開求人を紹介してもらうには転職エージェントに登録を

非公開求人についてさまざまな側面から解説してきました。

非公開求人まとめ

  • 非公開求人は一般に公開されていない求人のこと
  • 公開求人に比べて好条件の求人が多い傾向がある
  • 転職エージェント登録後、条件にあてはまれば紹介してもらえる

非公開求人を紹介してもらうためには、まず転職エージェントに登録するのが前提です。

その際、特定の転職エージェントが独占して扱う非公開求人もあるため、ひとつだけでなく複数に登録しておくのがおすすめです。

できれば総合型転職エージェントで3つ、特化型転職エージェントで2つを目安に登録すると、転職先の選択肢を広げておくことができるでしょう。

なお、非公開求人は採用人数が1人かせいぜい数人など少数であることが一般的で、企業側が早急に採用を決めたいケースが多いです。

良さそうな案件を紹介してもらえたら、速やかに行動できるよう準備しておくことも必要です。

転職エージェントの活用方法などは以下の記事も参考にしてください。

初めての転職エージェント|最大限に利用して転職成功するための重要ポイント

転職エージェントを使っても上手くいかない|たった5つで成功へ導く