厳選!転職サイトのビズリーチ キャリトレで担当者に自分を高く売り込むポイント

一昔前なら年功序列や終身雇用が当たり前だった日本。しかし、昨今は転職する人の割合が次第に増加し、自分の希望に合ったところへ転職することがそれほど珍しいことではなくなってきました。

とりわけ若い世代では定年まで一つの会社で勤め上げると考えている人は少なく、その転職への意識が強まっています。

転職を考えたとき、仕事を紹介してもらえる特別な個人的コネクションなどがない場合には、何らかの転職関連のサービスを利用することになるでしょう。

転職関連サービスには、大きく分けて転職エージェントサービスと転職サイトサービスの2種類があります。前者の代表がビズリーチ、後者の代表がキャリトレなどになります。

ただ、転職を希望する人の増加に伴って、それらのサービスを利用する人も多くなっています。転職市場での競争が激しくなる中、自分を他の転職者と差別化してアピールする必要性が生じてきたのです。

そこでこの記事では、ビズリーチやキャリトレで自分を高く売り込むポイントについて、それぞれのサービス内容の特徴とともに紹介していきます。

ビズリーチは転職エージェントサービス

株式会社ビズリーチは東京都渋谷区にあり、「ビズリーチ」や「キャリトレ」などの、HR事業を中心にしたインターネット関連サービスを提供しています。

ビズリーチとは

ビズリーチ(BIZREACH)は、高年収層の人材をターゲットにした転職エージェント型のサービスです。
ウェブサイトのトップページには以下の数字が並んでおり、これらはいずれも転職エージェントサービス業界においてトップクラスとなっています。

  • 公開求人数:114,000件
  • 採用企業数(累計):10,800社
  • 登録ヘッドハンター数:3,300人

(引用元:選ばれた人だけのハイクラス転職サイトBIZREACH)

また、以下のような点がアピールポイントとして挙げられています。

  • 年収1,000万円を超える求人が3分の1以上
      経営幹部などのプロフェッショナル人材向け高年収求人を多数掲載中。
  • 8割以上の転職成功者がスカウトへの返信をきっかけに転職
      あなたの職務経歴書に興味を持った優良企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。
  • 企業の中核を担うハイクラス求人に出会える
      コンフィデンシャル案件を含む管理職や経営幹部への転職を実現。

(引用元:選ばれた人だけのハイクラス転職サイトBIZREACH)

転職エージェントサービスとは

転職エージェントサービスのポイント

  • キャリア相談
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 求人紹介
  • 面接のセッティング、面接対策
  • 入社条件の交渉

一般に転職エージェントサービスでは、上記のような転職エージェントによる手厚い転職サポートサービスを受けることができます。

ビズリーチ以外の転職エージェントサービスとしては、以下が有名です。

ビズリーチの利用がおすすめな人は

ビズリーチでは「ハイキャリア人材」向けの求人案件を多数保有しています。ハイキャリア人材とは、上級管理職や、高度なスキルを有する専門職の人材のことです。

ハイキャリア向けの求人案件では求められるスキルのハードルが高く、給与も相応に高めになっています。

逆に言うとビズリーチには、上級管理職のキャリアや高度専門職のスキルがないような、一般向けの求人案件は期待できません。

つまりビズリーチは、すでにキャリアやスキルがあった上で、より自分にふさわしい待遇を求める人向けの転職サービスになります。20代の若者というよりも、30~40代でさらなるキャリアアップを狙っている人向けといえるでしょう。

ビズリーチは転職エージェント型のサービスを提供しており、「ヘッドハンター」と呼ばれる担当者と協力しながら転職活動を進めていきます。

こちらから求人を探すこともできますが、基本的にはヘッドハンターからのスカウトという形で案件を紹介されることになります。

面接の日時のセッティングやサポートなど、転職活動のかなりの部分を担当者に任せられるので、在職中でなかなか転職活動に時間をとりにくい方にもおすすめです。

ただし、スカウトを待つというのはどうしても受身になりがちです。そのため、転職活動の期間が長くなる傾向があります。

多少時間がかかっても慌てず、自分の市場価値をしっかり確認しつつ、じっくり優良案件のスカウトを待つ、というスタイルをお考えの方に向いているサービスです。

ビズリーチには無料会員と有料会員がある

ビズリーチには無料会員と有料会員があり、無料会員では受けられるサービスに制限があります。

無料会員でも以下のことは可能です。

無料会員

  • プラチナスカウトメールへの返信と応募
  • 求人情報の閲覧(応募は不可)
  • ヘッドハンター情報の閲覧(応募は不可)

まずは試しに無料会員登録して、求人情報やヘッドハンター情報を検索してみたり、じっとプラチナスカウトメールの到着を待ったりしてみてもよいでしょう。プラチナスカウトメールは無料会員でも有料会員でも受け取ることができ、面接が確約されます。

有料会員登録すれば、全てのスカウトに返信と応募ができ、求人案件やヘッドハンターへの応募ができるようになります。ヘッドハンターは非公開の求人情報を多数保有しているので、転職活動の選択肢が一気に広がります。本気で転職活動をされるなら、有料会員になっておくのがおすすめです。

ところで、有料会員には「タレント会員」と「ハイクラス会員」の2つがあります。

タレント会員の条件と利用料金は以下のとおりです。

タレント会員の条件

  • 年収が750万円未満
  • 30日間:2,980円(税抜)
  • 90日間:6,980円(税抜)
  • 180日間:9,880円(税抜)

ハイクラス会員の条件と利用料金は以下のとおりです。

  • 年収が750万円以上
  • 30日間:4,980円(税抜)
  • 90日間:12,940円(税抜)
  • 180日間:19,880円(税抜)

タレント会員とハイクラス会員では、紹介される求人や担当するヘッドハンターのランクに違いがあります。具体的には、 ハイクラス会員では年収1,000万円を越える求人案件が紹介され、より優秀なヘッドハンターに担当してもらえるようになります。

ビズリーチで担当者に自分を高く売り込むポイント

さて、いよいよビズリーチで担当者に自分を高く売り込むポイントを紹介していきます。せっかく転職サービスを利用するのですから、それなりの成果は欲しいものです。

ビズリーチで有料会員になっておけば後はヘッドハンター任せ、というわけではありません。自分の人生を決める転職活動なのですから、有料会員の立場にあぐらをかいてしまうのではなく、できる範囲の活動はしておくとこをおすすめします。そのような姿勢の方が、希望に叶う転職ができる可能性が高まるでしょう。

高く売り込むためのポイントは、大きく分けて2つあります。

高く売り込むためのポイント

  • 基本情報や職務経歴の入力のポイント
  • ヘッドハンターとのコミュニケーションのポイント

ビズリーチはハイキャリア人材向けのサービスです。したがって、基本情報や職務経歴などを通じ、自分がハイキャリア案件に応募するのにふさわしい人材であることを、ヘッドハンターにしっかりアピールしておくことが大切です。

また、ヘッドハンターの能力や、ヘッドハンターとのコミュニケーションの巧拙も転職の成否にかかわる影響を与えることがあります。

基本情報や職務経歴の入力のポイント

まずは基本情報や職務経歴などの入力です。ビズリーチを利用する目的は転職ですから、やはり職務経歴書の内容は最も重要になります。担当者にキャリアやスキルが簡潔に伝わるように記述する必要があります。

ビズリーチでは登録してスカウトを待つのが基本スタイルです。ただ、転職市場におけるあなたの価値が伝わらなければ、いつまで経っても音沙汰がないということになりかねません。ヘッドハンターにあなたのことを伝える材料としても、登録情報はきわめて重要です。

登録は無料で、それほど時間や手間がかかりません。後で登録内容を修正することも可能ですので、それほど気負わずにできます。ただ、ヘッドハンターにアピールしたいところではありますが、過度な誇張はもちろん、詐称などは絶対にしないように気をつけましょう。

職歴などの入力のポイント

職歴は直近のものについて記載します。具体的な社名、役職や部署を記入していきます。

プロジェクトの入力では、プロジェクトの規模や自分の立場、そして結果を明記するようにしましょう。直近の職歴だけでなく自分がアピールしたい過去の職歴があれば、自由記述のところに記載することが可能です。

また、経験したことのある職種を入力します。ハイキャリア向けの求人案件では、基本的に今までの経験を活かすことが前提となります。

未経験者の職種については門前払いになってしまうケースが多いため、希望する職種とリンクさせるようにしておく必要があります。

以上の内容は、ヘッドハンターがあなたを理解するとともに、各企業に対してあなたを売り込みをするときに伝える基礎材料となります。

職務経歴書があればアップロードしておくと、より詳細部分をヘッドハンターに対して情報提供できるでしょう。

スキルなどの入力のポイント

コアスキルの記入では、志望業界や職種に関連するような知識やスキルを保有していることをアピールします。なるべく客観的に、できれば具体的な数字や事実に基づいて記入するようにしましょう。

資格のところでは、資格一覧にあればチェックし、一覧にない資格を持っている場合は「その他の資格」のところから登録しておきます。難関資格では科目合格でも登録しておいてもよいでしょう。

語学力のところでは、必ずしもネイティブレベルでなくても、極端に苦手でなければ「ビジネス会話レベル」にしておいたほうがいいです。応募者検索で引っかかりやすくなるからです。

マネジメント経験についても、少人数であってもリーダーや責任者のポジションを経験したkとがあるなら堂々と記入しましょう。それでマイナスになることはほぼないです。

以上のようなスキルや資格や経験は、志望する業界や職種に対して訴求力のあるものを抽出して書くようにしましょう。保有しているもの全てを盛り込むと、逆に強みやアピールポイントがぼやけてしまうおそれがあるからです。

その他の事柄の入力のポイント

特記事項としては、表彰や出版経歴などがあれば書いておきましょう。公的な表彰は別として、社内表彰ではそれが客観的にどれほどのすごさの表彰なのかをわかりやすく説明する必要があります。

現在の年収の入力のところでは、注意が必要です。手取の金額ではなく、源泉徴収票にある総支給額(税引き前の額面金額)を記入しましょう。一般的に手取の金額は税引き前金額よりも少なくなります。

ビズリーチは基本的に年収500万円以上のハイキャリア人材に対するサービスです。もし年収の欄に500万円未満の金額を記入すると、スカウトが来なくなったり、スカウトに応募しても採用されなくなったりしてしまうといったおそれがあります。

希望条件などの入力のポイント

過去や現状の後は、未来の転職に関して実現したい希望条件です。ただ、自分の希望だけでなく、ヘッドハンターや応募先企業の観点も考慮する必要があります。

まずは、転職希望時期。「なるべくはやく」もしくは「条件さえ合えばすぐにでも」のようにすると、ヘッドハンターに対して本気度が伝わりアピール度が高いです。特に決めていなくても、「3ヶ月以内」くらいにしておくとよいでしょう。

あまりのんびりした姿勢では転職への意欲が低いと見なされ、スカウトなどを優先してもらいづらくなるかもしれません。ヘッドハンターは転職が決まった時点で成功報酬が確定するため、短期間で成果につながりやすい転職希望者に対して手厚くなることがあるからです。

次に希望年収です。ビズリーチはハイキャリア人材向けの転職サービスで、年収1,000万円以上の求人案件も扱っています。キャリアやスキルを生かし、なるべく高収入を狙うのは当然のことです。

しかし、希望年収が高すぎると、やはりマッチする求人案件が少ないため、スカウトも少なくなってしまいます。本当にその希望年収に見合うだけの人材なのか、という厳しい目で見られるというのもあるでしょう。

面接や内定の段階で改めて年収交渉をすることも全くできないわけではありません。

むしろ、スカウトの段階で前に進めなくなるデメリットが大きいです。無理に譲歩する必要はなく、根拠のある額であれば問題ありませんが、希望年収額はやや控えめの方が可能性が広がるようです。ヘッドハンターとよく相談しておくとよいでしょう。

そのほかには、希望職種や業種、希望勤務地があります。ハイキャリア向けの案件では、それまでのキャリアやスキルを活かすことが前提になりますので、職務経験や保有スキルと矛盾しないように気をつけましょう。

ヘッドハンターとのコミュニケーションのポイント

ビズリーチの有料会員では、ヘッドハンターからのスカウトを待つという基本スタイルで転職活動をすすめていきます。よって、転職の成否の鍵の半分はヘッドハンターが握っている、といっても過言ではありません。

条件に合うヘッドハンターを検索

ヘッドハンターにはSからDまでのビズリーチスコアと呼ばれるランク付けがされています。また、金/銀/銅のフラッグつきのヘッドハンターもおり、実力や実績がわかりやすくなっています。

ビズリーチでは、経験年数や担当業種などの条件でヘッドハンターを検索することができます。ヘッドハンターは多数在籍しているので、志望する業界や職種に詳しく、優秀で相性が合いそうなヘッドハンターがきっと見つかることでしょう。

ヘッドハンターとコンタクトをとる

依頼したいヘッドハンターが見つかったら、コンタクトをとってみます。ヘッドハンターのプロフィール欄から依頼メッセージを送ると、同時に職務経歴書も送信されます。

ヘッドハンターからの返信は1週間以内に届き、都合が合えば日程調整をして面談などに進みます。

依頼したタイミングによっては、ヘッドハンターの手持ちの求人案件の中に折り悪しく条件に合うものがないこともあります。

しかし、ヘッドハンターに対して自分の存在を知らせておけば、後日良い求人案件が入ったときにスカウトの連絡をしてもらえることなどにつながります。

なお、ヘッドハンターは一人だけしか選べないわけではありません。同時に複数のヘッドハンターに依頼することも可能です。

ヘッドハンターによって特徴が異なるため、むしろ複数のヘッドハンターにコンタクトをとっておいたほうが転職の選択肢が広がるという意味でおすすめです。

ただし、複数のヘッドハンターから同一の求人案件に対して重複して応募してはいけません。募集企業にもヘッドハンターにも不信感を与えてしまい、案件自体も破談になってしまうことがあります。

スカウトなどへのレスポンスはなるべく早く

ヘッドハンターからスカウトの連絡を受けたら、その企業情報や業務内容や待遇などの条件を確認の上、なるべく早く反応するようにしましょう。希望どおりの優良求人案件であればなおさらです。

それが優良案件であるほど、複数人に対してスカウト連絡がされている可能性が高まります。必ずしも早い者勝ちとは限りませんが、ヘッドハンターに対して積極的な意欲を見せておくことは、少なくともマイナスにはならないでしょう。

ヘッドハンターも人間

レスポンスを早くすると印象が良くなることでもわかるように、ヘッドハンターも人間です。ヘッドハンターを味方につけ、親身になってもらうためには、彼らの感情面にも配慮するとよいでしょう。

職務経歴書は簡潔で読みやすいもののほうが好まれます。必要以上に細部まで細かく記述されていたり、ボリュームが多すぎたりすると、見る前にうんざりしてしまうそうです。

メッセージのやりとりや電話での応対ではビジネスの基本に適ったやり方で行い、直接会って面談するようなときは身だしなみにも注意するようにしましょう。そういった積み重ねによって、ハイキャリア人材であることに説得力が生まれ、より良い求人案件の紹介にもつながっていくでしょう。

キャリトレは転職サイトサービス

キャリトレ(旧キャリアトレック)は上記ビズリーチと同じく、株式会社ビズリーチが運営する転職サービスです。しかし、キャリトレとビズリーチとでは、扱う求人案件や提供するサービスの内容が大きく異なります。

キャリトレとビズリーチの違い

まず、ビズリーチでは高年収のハイクラス人材向けでしたが、キャリトレは20代の若者向けです。

そのため、登録されている求人情報が全く異なっています。キャリトレは20代の若手の転職サービスなので、30代以上の人が利用しても、そもそも求人がほとんど見つからず、なかなか転職の成功に至らない可能性が高いです。

もうひとつの違いは、キャリトレはビズリーチとは異なり、転職サイト型のサービスであることです。

つまり、ビズリーチのように転職をサポートしてくれる担当者(ヘッドハンター)はつかず、手厚い転職サポートサービスは期待しにくいです。

自身の情報を登録した後は、基本的には自力で求人情報を探し、独力で採用面接などを受けるなどして転職活動を進めていくことになります。

キャリトレ以外の転職サイトとしては、以下のようなサイトがあります。

  • リクナビNEXT
  • DODA
  • マイナビ転職
  • @type

若者向けで使いやすいと評判

キャリトレに新規で会員登録するのは、20代が約73%にもなっています。また、求人案件数が15万件以上もあり、20代向けの求人が非常に多いことも特徴です。

キャリトレの利用はすべて無料で、登録は非常に簡単です。大量の文字入力をする必要はなく、選択方式ですいすい登録していけます。

ウェブでもスマホアプリでも、操作性はどちらも高く快適です。

スマホ向けのアプリが提供されており、直感的に使いやすいと評判です。そのため、移動時間や休憩時間などの隙間時間にも、求人情報の検索やメールの確認などの転職活動を行うことができるのです。

もちろん、スカウトの連絡が届いたときにはすみやかに対応可能ということになります。

キャリトレで自分を高く売り込むポイント

キャリトレでは、ビズリーチにおけるヘッドハンターのような、人間の担当者はつきません。基本的には自主的に活動を行い、システムとのやりとりをすることが中心になります。

スカウトの可能性を高めるために

ご自身の基本情報や職務経歴・スキルなどの登録はビズリーチのときとほぼ同様です。

20代ではまだキャリアが浅く、スキルがそれほど高くないかもしれませんが、アピールできる部分を探してしっかり記入するようにしましょう。

短いながらも社会人経験のある若手社員であり、新卒ではないので、アルバイトやサークルの経験は書くべきではありません。

会社で担った役割や挙げた成果、身についたスキルなどを記入していきます。

このとき、希望する会社や志望する業界の人事担当者だったらどのような人材が欲しいだろうかと考えてみると、何を書くべきかが見えてくるはずです。

全方位的にではなく、ある程度具体的に相手を想定したほうが訴求力は高くなります。また、他の転職希望者との違いを意識して、差別化の観点も加えるとよいでしょう。

アピール材料が少ないような場合もあるかもしれません。ただ、多少「盛る」くらいであればともかく、経歴詐称はしてはいけません。

経験豊富な人事のプロはお見通しのことが多いですし、万が一ばれずに転職できたとしても、経歴詐称が露見した場合は懲戒の対象になることがあります。

職務経歴やスキルなどをきちんと書いておけば、スカウトを受けられる可能性が高くなります。

スカウトには、システムが自動で登録情報と求人条件をマッチングして送られてくる通常のスカウトと、企業やヘッドハンターから送られてくるプレミアムスカウトの2種類があります。プレミアムスカウトは面談確約です。

レコメンドの精度を上げるために

また、キャリトレには「レコメンド機能」があります。これは、キャリトレの人工知能がその人に合った求人情報を紹介してくれる機能です。

紹介される求人情報を「興味がある」または「興味がない」に振り分けていくと、人工知能が学習して求人紹介の精度が向上し、希望に沿った求人情報が紹介される確率が高くなっていきます。

また、自分で探した求人情報についても、検索履歴が人工知能の学習に反映されるようです。

アプリを利用するなどしてすきま時間に求人検索や振り分けをしていくことで、人工知能に自分の希望条件について学習させるとよいでしょう。

ビズリーチやキャリトレでなるべく高く自分を売り込もう

転職サービスのビズリーチやキャリトレで、自分を高く売り込むポイントについて見てきました。

この記事のポイントまとめ

  • ビズリーチは高収入のハイクラス人材向けの転職サービスである
  • ビズリーチは転職エージェント型のサービスで、ヘッドハンターと呼ばれる担当者がつく
  • 職務経歴やスキルなどの登録は志望業界や職種に沿って簡潔に記入する
  • 優秀なヘッドハンターを探し、積極的かつ丁寧にコンタクトする
  • キャリトレは20代の若者向けの転職サービスである
  • キャリトレは転職サイト型のサービスで、基本的に自力で転職活動を行う
  • 人工知能を鍛えればレコメンド機能を強化できる

ビズリーチとキャリトレではターゲット層(求人内容)が異なりますが、転職エージェント型のサービスと転職サイト型のサービスは他にもあります。両者の違いを考慮して上手に併用できれば、転職成功の確率を上げられるでしょう。

転職をするには、自分から何らかのアクションを起こさなければ始まりません。

必ずしも最初から完璧な自己アピールを作成できなくてもかまいません。後で思いついたときにそのつど修正したり追加したりすればよいのです。さっそく下記リンクからビズリーチやキャリトレに登録してみてはいかがでしょうか。

転職の成功をお祈りしています。

【ビズリーチ公式サイト】
【キャリトレ公式サイト】