パソナキャリアの評判は悪い?転職者の口コミとメリット・デメリット解説

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

この記事では、転職エージェント「パソナキャリア」の口コミ・評判を紹介します。

パソナキャリアを利用した転職者の口コミ・評判を分析し、メリットやデメリットを明らかにします。

人生の大きな決断である転職。自分にあった転職エージェントを利用したいという方も多いはずです。

これからパソナキャリアへ転職相談を検討されている方は、ぜひ本記事をご参考ください。

パソナキャリアの評判は悪い?転職者の口コミとメリット・デメリット解説の要約

3行要約
  • 転職支援サービスの特徴を知りましょう
  • パソナキャリアの口コミを理解しましょう
  • 転職を成功させるポイントを掴みましょう

パソナキャリアとは|人材紹介大手「パソナ」の転職支援サービス


「パソナキャリア」は、株式会社パソナが運営する人材紹介事業および転職エージェントの名称です。

転職エージェントは、求人広告を掲載する転職サイトとは違い、専任のキャリアアドバイザーが求職者の転職をサポートするサービスです。

サービス内容は多岐にわたり、希望求人の紹介、面接の調整、面接のアドバイス、雇用条件の交渉等、転職者にとって嬉しいものばかりです。

パソナキャリアを運営する株式会社パソナは、大手の会社ということもあり対応エリアや求人数も豊富です。

サービス名 パソナキャリア
運営企業 株式会社パソナ
サービス内容 転職エージェント
求人件数 39,122件(2020年3月現在)
主な求人業種 製造業(メーカー)/商社/流通・小売・サービス/IT/マスコミ・広告/金融・保険/不動産・建設/物流・倉庫・交通/コンサルティング・士業/医療・医薬品/教育・人材ビジネス/環境・資源・エネルギー/その他など
主な求人職種 営業/管理・事務/IT・Webエンジニア/技術職(電気・電子・機械・化学)/クリエイティブ/マーケティング・企画/商品企画・開発/コンサルタント・士業/販売員・サービススタッフ/研究・開発/その他専門職など
主な対応エリア 47都道府県(全国にサービス拠点および主要都市に支店あり)・海外
利用料金 無料
公式サイト パソナキャリア公式サイト

パソナキャリアの良い評判・口コミ【メリットや強み・特徴】


転職エージェントを利用する前に確認したいのが、利用者の口コミ・評判です。

まずはじめに、パソナキャリアを利用して良かったという口コミの内容を一部紹介します。

※口コミ・評判はSNSや掲示板の書き込み内容を参考

パソナキャリアの良い口コミ・評判

  • 転職を強要するわけではなく、寄り添ってもらえた
  • 丁寧に親身なスタンスで対応してもらえた
  • 収入も上がったし、満足のいく転職ができた

1. 転職を強要するわけではなく、寄り添ってもらえた

転職エージェントは、求職者が転職することによって、企業から報酬を得ています。

そのため、キャリアアドバイザーにはノルマがあったり、求職者の転職ごとにインセンティブが発生したりする企業もあります。

上記の理由から、転職エージェントのキャリアアドバイザーによっては、転職を強要したり、急かしたりするケースがあるのです。

転職は人生を左右する重要な決定ですので、求職者のペースや気持ちに寄り添ったサービスを対応して欲しいところ。

パソナキャリアは、転職者に寄り添ったサポート対応で評判となっており、2020年のオリコン顧客満足度調査において「転職エージェント部門 第1位」に選ばれています。

2. 女性のキャリアに理解がある

株式会社パソナは、国内有数の女性社員の活躍、ダイバーシティの推進等の環境が整っている企業として知られています。

会社として自社で培った女性社員の活躍できる環境をコーディネートする「Women’s Workstyle Service」や「女性のキャリア特集」も組まれています。

結婚や出産、育児などライフステージごとに働き方を見直したいという女性の方は少なくありません。

そんなとき、女性のキャリアに対して、豊富な実績と知識があるパソナキャリアであれば心強いのかもしれません。

3. 収入も上がったし、満足のいく転職ができた

2020年3月現在、パソナキャリアの公式ページでは『転職後年収アップ率67.1%』というデータが公表されています。

2016年に厚生労働省が発表した『平成27年転職者実態調査の概況』では、転職して年収(賃金)が上がった人は全体の40.4%というデータでした。

比較すると、いかにパソナキャリアを利用した転職者が高い確率で年収アップできているかが分かります。

パソナキャリアの悪い評判・口コミ【デメリットや注意すべき点】

一方で、パソナキャリアを利用して満足に至らなかった求職者の方もいます。

ポジティブな評価だけでなく、利用者のリアルな本音や不満も確認しておくことで、転職エージェント選びの参考となります。

つぎにパソナキャリアを利用して残念だったという口コミの内容を一部紹介します。

※口コミ・評判はSNSや掲示板の書き込み内容を参考

パソナキャリアの悪い口コミ・評判

  • サイトがやや使いづらい
  • 応募したけど1週間連絡がない
  • エンジニアなどの専門職やハイクラス、ミドル以上の転職には弱い

1. サイトがやや使いづらい

求人の検索やエントリー、履歴書の提出などができる、転職エージェントには付きもののマイページ機能ですが、機能やUIは各社それぞれ異なります。

業界最大手のリクルートキャリアやdodaのサイトに対する口コミや評価は高いようですが、パソナキャリアのサイトへの評価は高くないようです。

今日スマホの普及により、急激にIT化が進んでいます。ユーザーもスマホで解決する便利さを、さらに求める傾向にあります。

そのため、今後パソナキャリアもサイトのUIを高める施策を打つ可能性があるかもしれません。

2. 求人に応募したけど1週間連絡がない

キャリアアドバイザーに希望条件を伝え、希望の求人があり、応募すると結果が楽しみですよね。

しかし、一方で結果がなかなか帰ってこないと心配な気持ちにもなってきます。

一般的に書類選考の段階では、1週間以内に帰ってくるのが通例ではないでしょうか。

しかし、その連絡が遅れている場合、以下の理由が考えられます。

書類選考の返答が遅れるケース

  • 企業の採用フローが長い(大企業にありがち)
  • 応募期間を定めており、締め切りまで結果が出ない
  • 人事担当者が別の業務に忙殺されている

パソナキャリアほどの大手であれば、キャリアアドバイザーの教育も行き届いているはずです。

そのためキャリアアドバイザーの怠慢や失念というリスクは少ないのではないでしょうか。

もし、選考結果の連絡が遅いと感じたら、担当のキャリアアドバイザーに進捗を確認したり、企業への催促を依頼してみましょう。

3. ニッチな分野の転職には弱い


参考:パソナキャリアの転職支援サービス実績

図から見てわかる通り、営業職や技術職、管理系のサービス実績の割合が高いです。

一方で、前述した取り扱い求人職種のなかでも、クリエイティブ/マーケティング・企画/商品企画・開発やハイクラス系の実績が少ないことが言えます。

専門的な職種での転職を希望されている方は、より大手の転職エージェントや、専門的な分野に特化したエージェントと併用するのも選択肢の一つです。

パソナキャリアに利用を断られた!登録拒否される原因・理由は?


パソナキャリアに会員登録したものの、利用を断られた方もいるようです。

特定の条件に当てはまる場合、サービスを断られてしまうようです。これはパソナキャリアだけに限ったことではありません。

具体的な原因・理由について紹介します。

パソナキャリアに利用を断られた!登録拒否される原因・理由は?

  • 転職者の年齢が25〜35歳以外のケース
  • 職歴がない(フリーター・ニートなど)
  • 転職回数が多くネガティブな印象を持たれた

転職者の年齢が25〜35歳以外のケース

改正雇用対策法について

2007年10月1日に改正雇用対策法がスタートし、企業が従業員を募集・採用する際の年齢制限は原則禁止になりました。

この法律は、あくまで求人掲載時の年齢の指定や年齢を理由に選考してはいけないという解釈の法律となります。

とはいえ、企業側は欲しい年齢層をターゲットとして定めており、転職エージェントとしても転職を支援しやすい年齢層というのが存在します。

年齢や希望条件、エリアによって、「紹介できる求人がない」「内定獲得率が低い」となると、サービスを断られる可能性があるということを理解しておきましょう。

職歴がない(フリーター・ニートなど)

転職市場は、即戦力またはポテンシャルのある人材と人材難の企業がマッチングしている市場です。

そのため、職歴がない、スキルや知識がない求職者にとっては非常に不利です。

また前述しましたが、企業はお金を払って、人を採用するため、ハローワークとは訳が違い、採用に対するハードルも高くなります。

転職エージェントにとってすれば、「内定獲得率が低い」「早期退職リスクがある」という判断で、サービスを断られてしまう可能性があります。

転職回数が多くネガティブな印象を持たれた

転職エージェントでは、サービスを利用した転職者が早期で退職した場合、企業から得た報酬を返金する制度を設けているのが通例です。

そのため、転職者に早期退職リスクがあると判断された場合、サービスを断られてしまう可能性があります。

早期の退職となると、企業は育成にかけた時間とコスト、転職エージェントは求人企業との関係悪化などにつながる恐れがあるため、転職回数が多い方は印象という観点で不利になりがちです。

パソナキャリアがおすすめの転職者【利用満足度が高い人】

パソナキャリアがおすすめの転職者
  • 自分のペースにあった転職活動がしたい
  • 慣れない転職活動のため、手厚いサービスを受けたい
  • 年収をアップさせたい

パソナキャリアは、求職者に寄り添った質の高い転職支援サービスを行う転職エージェントとして評判です。

2019年・2020年と2年連続オリコン顧客満足度調査転職エージェント 第1位が、そのサービス品質を物語っています。

初めての転職で、転職の進め方について不安・疑問の多い方なら、まずはパソナキャリアに相談してみることをおすすめします。

また前述の通り、パソナキャリアは転職後年収アップ率が67.1%と非常に高いです。

転職を機に、年収アップやキャリアアップしたい方にもおすすめの転職エージェントと言えます。

パソナキャリアの利用方法|会員登録から転職相談、内定までの流れ


登録してみようかなと迷われている方のためにも、会員登録の方法や転職支援サービスの内容をご紹介します。

パソナキャリアの利用方法|会員登録から転職相談、内定までの流れ

  • 1.パソナキャリアの公式サイトより会員登録
  • 2.キャリアアドバイザーと面談・ヒアリング
  • 3.履歴書や職務経歴書の作成と面接対策を実施
  • 4.書類選考を通過した企業の採用担当者と面接
  • 5.内定獲得!入社日や給与条件などの交渉も代行サポート

1.パソナキャリアの公式サイトより会員登録

登録項目

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 職務経歴書のアップロードまたは職務経歴の入力

パソナキャリアの会員登録では、上記項目を入力します。会員登録自体は約3分で簡単に完了します。

2.キャリアアドバイザーと面談・ヒアリング

次のステップが、キャリアアドバイザーとの面談・ヒアリングです。

お住いのエリアや、希望条件、職歴等によって、面談場所や面談方法(電話・対面)は変わります。

基本的には、求職者の都合の良い日に合わせて対応してもらえますが、都合がどうしても合わなければ電話での対応も可能です。

ヒアリングでは、主に以下の内容について確認します。(キャリアアドバイザーによって若干変動します)

ヒアリング内容

  • 今回の転職理由
  • 希望年収
  • 希望勤務地
  • 希望職種
  • 将来のキャリアプラン
  • 得意なスキル、ストレスを感じる環境

これらのヒアリング情報をもとに、キャリアアドバイザーが転職者に最適な求人企業を紹介してくれます。

3.履歴書や職務経歴書の作成と面接対策を実施

紹介された求人の中に、気になる求人が見つかった場合、おおよその企業では「書類選考」というステップになります。

しかし、履歴書は作った経験がある方は多いですが、職務経歴書は作った経験がいないという方は多いのではないでしょうか。

そこで、パソナキャリアのキャリアアドバイザーが、書類通過率を高めるための資料作成をサポートします。

また、書類通過後の面接対策もサポートを受けることができます。面接での所作はもちろん、頻出質問や面接通過のポイントなどを対策します。

4.書類選考を通過した企業の採用担当者と面接

パソナキャリアは、求職者と採用担当者との間に位置しているため、選考日程の調整なども対応しています。

こちらは希望日や空いている日を伝えるだけで、面接の日をどんどん調整してもらえます。

特に、在職中の転職活動の場合、選考可能日が限定されてたり、企業の採用担当とコミュニケーションを取る時間もなかったりするので便利です。

5.内定獲得!入社日や給与条件などの交渉も代行サポート

面接対策の効果も出て、内定を獲得できても、そこで転職支援サービスが終わるわけではありません。

交渉できる場合とできない場合がもちろんありますが、入社日や給与条件などの交渉も代行サポートしてもらえます。

特に、入社日については、現職にいざ辞めると伝えると引き継ぎなどの兼ね合いでなかなか辞めれないというケースがあります。

ストレスのかかる交渉ですが、こちらもキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

パソナキャリアを効果的に活用して転職成功させるためのポイント


これまで紹介した通り、パソナキャリアには魅力的な転職支援サービスがあります。

しかし、効果的に活用するには求職者サイドが守るべきポイントも存在します。

パソナキャリアを効果的に活用して転職成功させるためのポイント

  • 希望に合う求人企業が見つかり次第に転職希望の旨を伝える
  • 担当のキャリアアドバイザーと2週に1回程度は連絡を取る
  • キャリアアドバイザーが作成した推薦状を確認させてもらう
  • サポートや対応の質が悪い場合は担当変更を希望する

希望に合う求人企業が見つかり次第に転職希望の旨を伝える

キャリアアドバイザーとの面談の際に、いつ頃までに転職したいか質問されることがあります。

その際には、「希望条件に合う企業が見つかり次第に転職希望」と伝えましょう。

キャリアアドバイザーによっては売り上げを重視していることもあり、転職時期が早い人の方が求人紹介を優先される傾向があります。

担当のキャリアアドバイザーと2週に1回程度は連絡を取る

前述の通り、キャリアアドバイザーによっては売り上げなどの関係から、より転職に意欲的な人から求人を紹介する傾向があります。

担当のキャリアアドバイザーへ転職意欲を伝えるためにも、2週に1回程度を目安に求人企業の問い合わせをするようにしましょう。

こまめに連絡を取ることで、タイミングによっては非公開求人などを優先して紹介してもらえる可能性もあります。

キャリアアドバイザーが作成した推薦状を確認させてもらう

書類選考の段階で、自身が作成した履歴書と職務経歴書の他に、キャリアアドバイザーが作成した推薦状を企業に提出する場合があります。

この推薦状は、キャリアアドバイザーが求職者との面談やこれまでのコミュニケーションをもとに作成されます。

もちろん書類選考を通過するために作成されているものですが、認識齟齬があり、記載内容が自身のイメージと違うケースもあります。

万が一を考慮して、「面接の参考にしたいので」などと理由を伝え、推薦文を確認させてもらうようにしましょう。

サポートや対応の質が悪い場合は担当変更を希望する

キャリアアドバイザーは、転職という人生を左右するイベントにおけるパートナーでなくてはいけません。

担当のキャリアアドバイザーに対して、不満を抱えるままでは、満足のいく転職は実現できません。

  • 連絡のアポを守ってくれない
  • 希望条件と違う求人ばかり紹介される
  • 生活時間や勤務中など、ライフスタイルを考慮せずしつこく連絡が来る

など、対応に不満がある場合は担当変更を相談するようにしましょう。

【FAQ】パソナキャリアの転職エージェントについて多い質問と回答


パソナキャリアの転職支援サービスについて、多い質問と回答を紹介します。

【FAQ】パソナキャリアの転職エージェントについて多い質問と回答

  • Q1.パソナキャリアの面談場所はどこにありますか?
  • Q2.パソナキャリアのカウンセリング対応時間は?
  • Q3.パソナキャリアを利用停止する場合の退会方法は?

Q1.パソナキャリアの面談場所はどこにありますか?

面談場所は、東京/大阪/名古屋/静岡/広島/福岡です。その他のエリアへの就職希望の場合は、電話等でのヒアリングになります。

【詳細はこちら(2020年3月現在)】

東京 東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
大阪 大阪府大阪市中央区道修町4-1-1 武田御堂筋ビル2F
名古屋 愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング10F
静岡 静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡4F
広島 広島県広島市中区本通7-19 広島ダイヤモンドビル7F
福岡 福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル13F

Q2.パソナキャリアのカウンセリング対応時間は?

原則10時から19時までが対応可能時間になります。

この時間以外の時間を希望される場合は、担当のキャリアアドバイザーとの相談になる可能性が高いです。

Q3.パソナキャリアを利用停止する場合の退会方法は?

メールや電話でキャリアアドバイザーまたは問い合わせ窓口に、「退会希望」の旨連絡しましょう。

退会後、個人情報などは廃棄されます。

パソナキャリアと併用がおすすめの転職エージェント3選

転職エージェントを複数利用することで、転職先候補となる求人企業の幅が広がるなどのメリットがあります。

そこで、以下ではパソナキャリアとともに併用がおすすめの転職エージェントを紹介します。

パソナキャリアと併用がおすすめの転職エージェント3選

  • 20代第二新卒の転職におすすめ「第二新卒エージェントneo」
  • 転職者満足度No1に選ばれた「dodaエージェントサービス」
  • 求人数が業界最大級を誇る「リクルートエージェント」

20代第二新卒の転職におすすめ「第二新卒エージェントneo」

東京の本社を置くネオキャリア社が運営する「第二新卒専門」の転職エージェントです。

学校卒業後1年以内、フリーターなどの求職者の方も転職に成功している事例が多数紹介されています。

卒業後3年以内の転職を考えている方は、ぜひ併用をおすすめします。

転職者満足度No1に選ばれた「dodaエージェントサービス」

転職者満足度No1(電通バズリサーチ調べインターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数)を誇る業界最大手の一つである転職エージェントです。

SNSや掲示板では、キャリアアドバイザーの質が高いという口コミも評価もあります。

さまざまなキャリアアドバイザーに相談することで、自分が気づかなかったキャリアの選択肢が見つかったり、自己分析もさらに深まるきっかけになります。

別のキャリアアドバイザーにも相談して、違った角度からキャリアを提案してほしいと考えている方は併用してみましょう。

求人数が業界最大級を誇る「リクルートエージェント」

転職と聞いて、まず最初に思いつくのが「リクルート」という方は少なくありません。

やはり、実績や歴史もNo.1の業界最大手のエージェントサービスです。特に強みが圧倒的な求人数です。

ひとつの転職エージェントから紹介される求人数に満足できなければ、ぜひ併用をおすすめします。

パソナキャリアの評判まとめ|大手・優良企業へ転職を成功させよう!

ここまで、パソナキャリアの口コミ・評判について紹介してきました。

転職エージェントには各社強みや特徴があります。パソナキャリアに関しては、やはりオリコン満足度1位に選ばれた質の高いサポート対応が特長と言えます。

初めての転職活動で不安・疑問が多い方や転職に失敗したくない方なら、まずはパソナキャリアの利用がおすすめです。