【山口悠】元日本代表が語るビジネスで出世する方法|ビジネスアスリートTV

【山口悠】元日本代表が語るビジネスで出世する方法

ガングロだし、体育会系だし、遊んでそうだし、でも実は真面目で仕事もできる好青年。(本当です!)

それがラクロスで日本代表にも選出された山口悠さんです。

今回は「自分をブランディングする」を主テーマにビジネスで出世する方法を語っていただきました。

参考:2014年男子日本代表インタビュー・(22)山口 悠選手

ラクロスとは

ラクロス (Lacrosse) とは、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いて、直径6cm・重さ150gの硬質ゴム製のボールを奪い合い、相手陣のゴールに入れることで得点を競う球技の一種。漢字で棒網球と表記される。

ラクロスは他のスポーツには見られないほど男女の種目によりルール(用具やグラウンドサイズなども含む)が大きく異なるという特徴がある
https://ja.wikipedia.org/wiki/ラクロス

【ビジネスアスリートTVとは?】

スポーツにかかわらず、何かに対してストイックに努力している方をアスリートと呼び、そんなアスリートの努力がお金に換わるために役立つ情報を発信していきます!!

この動画の提供はYoutube「ビジネスアスリートTV」です。

スペシャルゲスト

■ 山口 悠(やまぐちゆう)

2007年 ラクロスU21日本代表選出 ASPAC大会出場
2008年 ラクロス全日本選手権優秀選手
2012年〜2014年 ラクロス日本代表選出 
2014年 ラクロスワールドカップ出場
2016年 人材メガベンチャー企業にて当時史上最速でチームリーダー昇格
2017年〜2018年 大手人材企業にてナショナルクライアント含数社の採用コンサルに従事
現在は、株式会社ショーケースの人事部。

出演者プロフィール

■ 福山 敦士(ふくやまあつし)

経営者/キャリア教育研究家
新卒でサイバーエージェントに入社後、1年目からグループ会社の起ち上げに参画。
「1ヶ月100件アポ」を3年間続け、セールス記録を更新する。

25歳でグループ会社の取締役に就任。
27歳で独立し、株式会社レーザービーム代表取締役に就任。

クラウドソーシングサービスを起ち上げ、28歳で東証一部上場企業の株式会社ショーケースに売却。
29歳で同社最年少執行役員、30歳で取締役に就任(いずれも同社最年少)。
20代で2度のM&A(売却)を実行。

「学問をつくる」活動の一環として2018年から大学院/予備校にて講座開発を務める。
学生時代は野球ひと筋16年間。高校時代は甲子園ベスト8。
著書複数。

■ 山田 真以(やまだまい)

1988年生まれ。岡山県出身。
立命館大学生命科学部を卒業後、神戸大学大学院医学研究科修士課程を修了。

2013年、世界4大ミスコンテストの1つであるミス・アースにおいて、
日本第3位であるミス・ウォーター・ジャパンを受賞。

現在は、様々なイベントや記者発表会、web番組のMC・ラジオのレポーターやパーソナリティー・モデル・女優としてマルチに活躍する傍ら、
とある企業にて、営業・企画なども行い、働く女性のリーダーとして奔走中。

・twitter
https://twitter.com/yamadamai_719
・instagram
https://www.instagram.com/yamadamai_719