図解式演習問題 単語力を強化する | 図解で記憶力増強

図解を使うと、右脳を使うことになるのでイメージで物事を把握し、記憶に結びつきやすくなります。

外国語単語やIT用語、略語など、日々覚えるべき単語が出てくるにも関わらず、なかなか覚えられない・・・。
そんな悩みを抱える人も少なくないかもしれません。

この記事では、図解を使って単語力を上げるコツを解説しています。

「図」を使って単語力を強化する

英語学習に不可欠な句動詞の活用例を、キーワードに分解して、つなげてみましょう。

英語では、基本的な動詞と言えど、それにつながる前置詞や副詞によって特別な意味を持つものがあります。

これを句動詞と呼びます。

句動詞とは、英語において、「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成され、特別な意味を生じ、まとまって1つの動詞のように機能する定型のフレーズ。例えば、 “get up”, “take off”, “look forward to”, “carry out” などが該当する。熟語動詞、複合動詞、群動詞などとも呼ばれる。
引用:https://ja.wikipedia.org/?curid=1115510

そして、以下の句動詞はすべてturnを軸にした句動詞です。

turn から派生した句動詞例

  • turn on/off the TV(テレビをつける/消す)
  • turn out 1000 TVs(テレビを1000 台生産する)
  • turn up/down volume(音量を上げる/下げる)
  • turn in the report(報告書を提出する)
  • turn to red(赤に変わる)
  • turn back home(家に引き返す)
  • turn away from her(彼女から顔をそむける)

これらは、シンプルな単語ですが、組み合わせるとかなりの数にのぼるため、機械的に覚えてもすぐに忘れてしまいます。

そのため、特定の動詞+αのつながりを日本語の意 味とセットで描くと、理解が深まり、忘れにくくなります。

図はturnの句動詞を図解で表わした例です。
(スペースの都合により、すべての句動詞はカバーしていません)

元々はturn =「回転する、向きを変える」という意味ですが、組み合わせによって随分、異なる意味になるのが分かります。

[サンプル図解]動詞:turn を軸にした句動詞

turnを軸にした句動詞

図のように1つの動詞から始まる組み合わせを視覚化すると、スッキリ整理できます。
また、句動詞と セットで使えそうな目的語も、まとめて頭に入れておくと記憶がより強化されます。

「図」を使ってEUの成り立ちを理解する

次の文章は EU(欧州連合)の原点とも言える欧州各国の連携に関する動きです。
時間の流れに沿って、その変遷を図解しましょう。

EUの成り立ち

  1. 第二次大戦後、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3小国が「ベネルクス関税同盟」を発足。
  2. その後、ベネルクス3国にフランス、西ドイツ、イタリアを加えた6カ国による、欧州石炭鉄鋼共同体 (ECSC) が設立される。
    さらに、鉄鋼の関税を撤廃。
  3. ECSC 6カ国は欧州経済共同体(EEC)を設立。
  4. その後、ECSC、EEC、そして Euratom(欧州原子力共同体)の3つが統合されて、EU の前身となるEC(欧州共同体)が発足。

ここでは国名がキーワードの最小単位です。
そして、複数の国が参加する同盟は、参加国を囲んでグループ化し、共同体の名称を入れるようにします。

矢印を描く場合には、時間の流れは左から右、あるいは上から下が基本です。

ちなみに、今回は省略していますが、EFTA(欧州自由貿易連合) の加盟国や、ここには含まれない東欧からの参加国が加わります。
2013 年のクロアチア加盟で、現在でなんと28カ国もの国が連合する巨大なEU(欧州連合)が形成されています。

[サンプル図解]欧州における共同体

EUの成り立ち

団体名をバラバラに覚えるよりも、このように組織の変遷を図にしたほうがより記憶に定着しやすいのです。
ヨーロッパがようやく、ひとまとまりになったのが、よくわかりますね。

このように巨大な組織も、その形成の歴史を図解で振り返れば、組織の置かれている目的や参加国の思惑がよく理解できるはずです。

「図」を使って人間関係を整理する

次は戦国時代の人気武将、上杉謙信の後継者争いについての説明を読んで、人物相関図をつくってみましょう。

謙信の後継者を巡る人物相関図

  • 謙信の姉、仙桃院の子どもには景勝と桂姫がいた。
  • 景勝は武田信玄の娘、菊姫を嫁にした。
  • 謙信は、景勝と、北条家から婿入りした桂姫の夫景虎(北条三郎)を養子にした。
  • 景勝と景虎は後継者争いを行ない(御館の乱)、景勝が勝利した。

人物相関図を描くときのポイントは、まず、大きなグループのくくりを意識すること。

このケースでは大きなグループとして、「家」が考えられます。
この場合は「上杉家」「武田家」「北条家」という3つのグループが明確になるようにしましょう。

グループの枠内に、キーワードとして登場人物名を入れ、お互いの関係(血縁関係やライバルなど)を結んだ線の脇に書き入れます。

兄弟や夫婦のような対等関係は左右同じ高さに配置し、親子、上司と部下のように上下関係がある場合は、高さを変えましょう。
このケースでは、「養子」というのが重要なポイントです。

血のつながりを実線で描くなら、それと区別するために点線で描いてみてください。

[サンプル図解]上杉家の跡継ぎ問題

上杉家の跡継ぎ問題

人物の相関関係は歴史模様を把握するのに便利です。

歴史を学ぶ際には、多くの登場人物を覚えないといけませんが、単純に名前とプロフィールだけを機械的に覚えていくよりも、人物の関係を覚えたほうが興味が持てますし、結果的には忘れにくいのです。

登場人物が多い場合は、中心となる人物(ドラマの主人公など)をセンターに置くとスッキリ描けるでしょう。

「図」を使って経済の流れをつかむ

円がドルに対して上下するしくみを説明した文を図解してみましょう。

為替相場が変動するしくみ

  • 米国で景気が回復すると、設備投資がさかんになる。
  • すると、借り手が増えるので銀行は金利を上げる。
  • 金利が上がるとドルの魅力が高まり、海外からドルを買う人が増え、ドル高になる。
  • ドルが高くなると円は相対的に安くなる。
  • 輸入品に頼る日本は円が安くなると物価が上昇。
  • モノの価値が高まると、相対的にカネの価値が下がる。
  • カネの価値が下がると銀行が預入金利を上げる。
  • 金利が上昇すると、円の魅力が増す。
  • 海外から円を買う人が増え、相対的にドルが安くなる。

最近は円の価値がめまぐるしく変動し、ニュースを賑わせています。
輸入や輸出のからむビジネスでは、先を読むのが難しい時代となりました。

ところで、金利や為替がどのように動くのかよくわからない人も多いと思います。

多くの指標が複雑に影響し合うので、なかなか理解するのは難しいことです。
さらに為替は相対的なものなので、頭の中だけで考えているとこんがらがってしまいがちです。

こんなとき、事象をキーワードで示し、原因と結果の関係を図解でまとめてみるとスッキリ理解することができます。

[サンプル図解]日米間における為替の影響

日米間における為替の影響

為替や金利はいろいろなことが複雑にからみ合って決まりますが、あえて関係を単純化して、時間経過に沿って並べました。

こうしてまとめると、円が一方的に高くなったり安くなったりしないことが理解できるでしょう。
必ず外国通貨との相対関係で上下を繰り返すことになるのです。

「図」を使って複雑な構造を単純化する

次の問題はネットワーク図についてです。

インターネットは私たちのコンピューターにつながるまで、さまざまなタイプの事業者を通して、通信を行なっています。
下記はそのおもな事業者の説明ですが、内容を理解してネットワーク図を描いてみましょう。

ネットワーク図

  • 「LAN」:建物内のローカルエリアネットワーク。インターネット の出口となる「ルータ」や建物内の端末をつなぐ「ハブ」を介して、複数のコンピューターをインターネットに接続できる。
  • 「ISP」:インターネットサービスプロバイダの略で、会社や個人宅とインターネットの間をつなぐ事業者。大規模な ISP の傘下に小規模な ISP や地域限定の ISP がつながる階層構造を持つ。
  • 「IX」は大規模な「ISP」同士の相互接続を行なう専門事業者で、数は少ない。

言葉で複雑な関係を理解するのは難しいですが、事業者同士のつながりを図解にすれば、ひと目で把握できるでしょう。

このケースでは、事業者のタイプはIX、ISP、LANの3種類で、階層構造になっているのが特徴です。
通常は、階層構造の場合、上位にいくほど数は少ないのが普通です。

描き方のポイントは、3タイプの形を描き分けることです。
見た目で識別さえできればよいので、どんな形でも構いません。

[サンプル図解]ネットワークのつながり方

ネットワークのつながり方

図では、六角形、楕円、四角形で描き分け、建物内のネットワークにぶら下がるコンピューターはシンプルな絵文字を配しました。

キーワードの種類は「IX」「ISP」「LAN」の3種類。そのため、キーワードを囲む図形を分けています。

階層構造の場合は下位にいくほど個数が多いのが一般的ですが、ここではあえてすべての要素は描かず構造を示すにとどめています。

ここで復習!

本記事で使うキーワードのつなげ方は以下の記事参照してください。


図解を使って情報整理を激速化①|情報整理のテクニック

図解を使って情報整理を激速化②|情報整理のテクニック