20代は評判の第二新卒エージェントneo(ネオキャリア)がオススメ

せっかく入社した会社も短期間で辞めてしまったり、就職活動で失敗してしまったりした方は、転職活動に不安を感じやすいでしょう。そのようなときは20代に人気がある「第二新卒エージェントneo」を活用するのがおすすめ。では、第二新卒エージェントneoはどのようなサービスなのでしょうか。

ここからは第二新卒エージェントneoについて紹介していきます。

第二新卒エージェントneoとは


第二新卒エージェントneoは20代に評判がある「第二新卒エージェントneo」を利用するのがおすすめです。第二新卒エージェントneoは人材派遣などを行っている「株式会社ネオキャリア」が提供している就職サービスです。有効活用するためにも、どのようなサービスを提供しているのか概要を把握することが大切です。

まずは第二新卒エージェントneoがどのような就職サービスなのか見ていきましょう。

第二新卒エージェントNeo | 若年層の正社員就職・転職向け就活支援サイト

若年層向けの転職支援サービス

第二新卒エージェントneoは主に若い世代を対象にした就職サービス・転職エージェントです。20代の若い世代の転職希望者の中には、最初に入社した企業がブラック会社で就職で失敗した経験を持っていたり、漠然と不安を感じていたりすることが多いといわれています。

そのような若い世代を応援する目的に就職支援サービスを行っているのが「第二新卒エージェント neo」です。就職に不安を感じている方でも安心して就職活動ができるように、各種サービスが充実しています。

もし、就職活動が上手くいかずフリーターになってしまった方や、始めて転職活動をする方、就職全般に不安を感じている方にもおすすめです。

Webサイト上では、自分が希望している条件を入力して求人を絞り込み検索することができ、担当のエージェントと相談しながら就職活動を進めることができます。

第二新卒エージェントneoのサービス対象者

  • 第二新卒
  • 既卒
  • フリーター
  • 高卒
  • 中卒

幅広い求人に対応している転職エージェント

第二新卒エージェント neoでは、若い世代の中でも、第二新卒や既卒、フリーターの方でも充実した就職活動ができるように幅広い求人を扱っています。

全国展開しているだけでなく、営業職や事務職、企画系の仕事だけでなくITエンジニア関連の仕事も充実しています。

第二新卒エージェントneoのメリット


他の就職サービスと比較して、第二新卒エージェントneoにはどのようなメリットがあるのか把握しておくことが大切です。

実際に就職サービスには相性があるため、自分に合っているサービスなのか見極めなければなりません。

そのためにも、第二新卒エージェントneoにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

第二新卒エージェントneoのメリット

  • 第二新卒歓迎の求人が多い
  • 好きな条件の求人を探せる
  • サポート体制が充実している
  • ブラック企業が少ない

第二新卒歓迎の求人が多い

第二新卒エージェントneoでは、若手の人材がスムーズに就職活動できるような求人を多く取り揃えています

特に充実しているのが「第二新卒歓迎」の求人。第二新卒は、企業によって賛否両論あります。マイナス側の見方としては、仕事が長続きしないイメージや、即戦力として活躍できる経験や実績がないことです。

しかし、現在では新入社員の研修を終えて、仕事の進め方などをある程度把握している第二新卒を積極的に採用しようとする企業が増えています。

第二新卒の人材は研修コストを削減でき、仕事の進め方などにこだわりを持っていることが少ないからです。しかし、一人で就職活動をしていると、プラスとマイナスのどちらの見方をしている企業なのか判断がつきにくいでしょう。

そこで、第二新卒エージェントneoを利用すれば、第二新卒歓迎の求人を紹介してくれるため、効率良く就職活動をできるでしょう。

好きな条件の求人を探せる

自分一人で就職活動をすれば、自分の好きな求人に好きなペースで応募することができますが、希望する求人は自分で探し、見つけなければなりません。第二新卒エージェントneoでは、以下のような希望する方が多い条件がある求人を多数揃えており、紹介してくれます。

  • 学歴不問
  • 研修充実
  • 残業少なめ
  • 転勤無し
  • 福利厚生充実

転職エージェントとして第二新卒エージェントneoを利用できるため、担当のエージェントと相談しながら就職活動を進められます。自分では見つからなかった好条件の求人にも出会える可能性は高くなるのは大きなメリットといえるでしょう。

サポート体制が充実している

第二新卒エージェントneoは転職エージェントとして、求人の紹介から内定まで手厚いサポートを受けられます

一人で就職活動するよりも、就職・転職の専門家であるエージェントと相談しながら選考を進められるので、納得した企業に入社できます。

特に、初めて転職活動をする方や、就職に失敗して正社員として仕事をする自信がない方は、手厚いサポートがあると安心できるでしょう。

自分が望む条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、利用者の将来を考えたキャリアプランニング、選考を突破しやすい自己PRや志望動機の作成、人事目線の模擬面接など、就職活動をしている方が課題に感じやすい内容を、徹底的にサポートしてくれます。

また、紹介された求人に内定した後も、入社日や各条件の交渉などもエージェントが代行してくれます。さらに、入社後に仕事ができるように内定後研修も実施しています。

ブラック企業が少ない

第二新卒エージェントneoは厳選した求人のみを紹介しています。いわゆるブラック企業を紹介される心配がありません。

例えば、社会保険に未加入など法律で義務と定められている条件を、満たしていない企業は排除されています。

実際に、第二新卒の方は、自分のイメージとのギャップで早期退職する人だけでなく、過酷な労働環境のブラック企業に入社してしまった方も多いです。このような方は、「またブラック企業に入社してしまったらどうしよう」と不安を感じています。

第二新卒エージェントneoのデメリット


しかし、第二新卒エージェントneoにはデメリットと感じる部分があることも否めません。

利用する前に自分に合った就職サービスなのか、デメリットを知ってしっかり判断してください。ここからは、第二新卒エージェントneoのデメリットについて説明していきます。

第二新卒エージェントneoのデメリット

  • 20代しか利用できない
  • 拠点の数が少ない
  • 地方の求人が少ない

20代しか利用できない

まず、第二新卒エージェントneoの最大のデメリットは、利用制限があることです。20代限定の就職サービスであるため、30代以降の方は対象になっていません

これは就職サービス側がターゲットを絞ることによって、紹介できる求人に特徴を持たせて強みにできるからです。また、第二新卒エージェントneoで紹介してもらえる求人の企業も、基本的に若い戦力を期待しています。

企業によって採用方針はまちまちですが、第二新卒エージェントneoを利用している企業の多くは、若い人材を求めている傾向にあります。中には20代前半の人材のみを採用したいという企業もいるでしょう。

そのため、20代でも20代後半になれば、紹介される求人の幅が減る可能性もあるため注意してください。就職サービスにはさまざまな種類があり、30代以上のキャリアを活かした求人に特化したものもあるため、30代以上の方は他のサービスを使った方が良いでしょう。

拠点の数が少ない

第二新卒エージェントneoは面談可能な拠点が少ないです。また、面談可能な拠点は全国に以下の4箇所であり、最大手といわれる転職エージェントよりも利用しにくいと感じるかもしれません

  • 東京本社
  • 大阪支社
  • 名古屋支社
  • 福岡支社

電話やメールでの相談にも対応していますが、直接面談した方が自分の希望を伝えやすく、担当エージェントのサポートを受けやすいため、拠点数が少ないのは大きなデメリットになるでしょう。

地方の求人が少ない

第二新卒エージェントneoは全国に対応した就職サービスです。しかし、地方の求人が少なく、拠点がある地域に集中している傾向があります。

そのため、第二新卒エージェントneoの拠点へのアクセスが良く、その周辺の求人を探している方以外は使いにくい就職サービスといえるでしょう。

第二新卒エージェントneoはサービスが充実していますが、就職サービスを選ぶときはサービスの内容よりも、そのサービスをしっかりと受けられるかどうかも重要です。

第二新卒エージェントneoに向いている人


第二新卒エージェントneoのデメリットを押さえたところで、自分が第二新卒エージェントneoに適しているかどうか判断しましょう。

ここからは第二新卒エージェントneoに向いている人の特徴を紹介していきます。

第二新卒エージェントneoに向いている人

  • サービスを受けやすい人
  • 20代で初めて転職する人
  • 未経験の職種にチャレンジしたい人

サービスを受けやすい人

先程の説明の通り、第二新卒エージェントneoのサービスは充実していますが、直接面談できない場合はその恩恵を受けにくいといえます

また、面談できる拠点周辺のエリアに暮らしている場合でも、通いやすいかどうかも1つの判断基準になります。充実したサポートを受けるためには、やはり担当エージェントとしっかり面談をした方が良いです。

最初の1回だけでなく、何回も面談することを考えて通うことが負担にならないかどうかを判断してください。もちろん電話での相談も受け付けているため、面談と電話相談を組み合わせて活用することも有効です。

20代で初めて転職する人

20代で初めて転職する人は第二新卒エージェントneoに向いています。これは、若い人材が欲しい企業側と転職活動をスムーズに進めたい利用者側の利害関係がマッチしているからです

また、転職活動は新卒の就職活動と特徴が異なります。そのため、新卒の就職活動は上手くいっていた人でも、転職活動ではなかなか内定がもらえないということもよくあります。

もし、転職活動が上手くいかなければ自信は徐々になくなり、さらに内定が出にくくなるといった負の循環に陥ってしまうでしょう。

そのような方は、第二新卒エージェントneoを利用すれば適切なアドバイスをもとに転職活動ができるので、不安を払拭しながら選考を進められるのでおすすめです

未経験の職種にチャレンジしたい人

第二新卒エージェントneoは若い世代を対象にしており、紹介先の企業も、即戦力よりも将来的に活躍できる人材を求めていることが多いです

つまり、未経験者を歓迎する求人の数が多く、一度就職してからやりたいことが見つかった方や、志望していた業界への就職を諦めきれない方だと、希望を叶えやすいでしょう。

もし一人で就職活動をしていれば、未経験の業界や職種への就職は非常にハードルが高いです。実際に自己PRや志望動機などが原因で内定がもらえないことは多いでしょう。

そこで、第二新卒エージェントneoであれば、未経験かつ志望する業界にあった自己PRの方法や志望動機を一緒に考えてくれます。

自分がやりたいことを諦められない人は一度第二新卒エージェントneoの面談を受けてみるのも良いでしょう。

第二新卒エージェントneoを利用する流れ


メリットとデメリットを理解し、自分に合っていると判断したら無料で登録できるので、さっそく利用してみましょう。

ここからは、第二新卒エージェントneoを利用する際の流れを紹介していきます。

登録・面談


まずは第二新卒エージェントneoのホームページから無料登録を行ってください。内容はシンプルであり、30秒ほどで登録が完了します。その後は専任の就活アドバイザーと面談を実施します。

自身の希望条件や業界・職種に関してしっかりと相談できます。また、時間をかけて面談することで、自分では気づかなかった強みなどが見つかることもあるので有効です。

新規会員登録 | 第二新卒エージェントneo

選考・対策

担当者と面談をした後は、希望に合った求人を紹介してもらえます。紹介と同時に、企業側に提出する履歴書や職務経歴書を添削してくれるため、書類選考の突破率も高くなるでしょう。

書類選考に突破した後は、エージェントが面接の日程を調整してくれるため、本番までしっかりと面接対策を行ってください。

人事目線の模擬面接を行うので、本番と同じ感覚で面接の対策ができます。もし本番の面接で失敗しても、何が原因だったか第二新卒エージェントneoを通してフィードバックをもらえるため、次の選考に活かせます。

内定

選考がスムーズに進めば、企業から内定をもらえるでしょう。内定後も、具体的な入社日や各種条件の交渉も、希望を担当エージェントに伝えることで代わりに交渉してくれます。

さらに内定後に研修を行っているため、入社までの期間を有効活用でき、不安を払拭できるだけでなく、一早く新しい環境で活躍できるでしょう。

第二新卒エージェントneoを活用するポイント


注意が必要なことは、第二新卒エージェントneoを利用すれば必ず上手くいくとは限らないことです。同じ利用者でも活用方法に差があれば、結果も変わってきます。

就職・転職を成功させるために、どのようにして第二新卒エージェントneoを活用すれば良いか見ていきましょう。

第二新卒エージェントneoを活用するポイント

  • 希望は明確に伝える
  • なるべく直接面談してこまめに連絡する

希望は明確に伝える

第二新卒エージェントneoのエージェントは、利用者の希望を元にピッタリな求人を探して提案します。もし希望条件があいまいであれば担当者も紹介する求人を探しにくくなるでしょう

結果として、登録して面談を実施しても、条件に合った求人をなかなか紹介されないという事態に陥ってしまいます。また、希望を伝えるときは優先順位も同時に伝えておくと、自分と相性が良い求人を紹介してもらいやすくなります。

面談をするときは、単純に希望だけを伝えるのではなく、なぜその条件が良いのか理由も伝えると良いでしょう。

また、しっかりと希望を伝えられていないことで、紹介される求人の質が悪くなるだけでなく時間もかかり、エージェントとトラブルになるケースもあるため注意してください。

なるべく直接面談してこまめに連絡する

先程の説明の通り、なるべく直接面談するようにしましょう。メールや電話だと細かいニュアンスが伝わりにくく、紹介される求人の条件が微妙に違うことは少なくありません。お互いの認識のズレをなくすためにも、なるべく直接面談しましょう。

また、転職エージェントは企業に優秀な人材を紹介し、その紹介料が利益になります。つまり、積極的に転職活動をしている方を優先的に案内する傾向があります

そのため、直接面談ではなくても良いので、担当エージェントにはなるべくこまめに連絡するようにしましょう。積極性が伝われば良い条件の求人を紹介してもらいやすくなり、丁寧なアドバイスももらいやすくなります。

第二新卒エージェントneoを活用して転職を成功させよう!

第二新卒エージェントneoは活用できる人の幅が狭い就職サービスです。

対象となる20代の方には条件が良い求人が揃っていて、手厚いサポートを受けられます。就職で失敗してしまった方やフリーターの方、初めての転職活動で不安がある方は、第二新卒エージェントneoを是非活用してみてください。

特徴だけでなく、活用するポイントを押さえて効果的に転職活動をしましょう。