広告営業への転職で面接時に聞かれる志望動機と事前準備の方法

今も昔も華やかなイメージがあり人気の広告営業。それだけに人気も高く面接時にきちんと受け答えが出来なければ選考に受かることも難しい業種です。

今回は広告営業に転職したい方向けに、面接時に必ず聞かれる「志望動機」にきちんと答えるための考え方をご紹介します。

「同業種」「異業種の営業」「異業種であり営業でもない」3パターンに分けてご紹介するので自分に当てはまる箇所を読んで参考にしてください。

同業種・・「なぜその会社なのか」
異業種の営業・・「なぜ広告業界なのか」「なぜその会社なのか」
異業種・異職種・・「なぜ営業なのか」「なぜ広告業界なのか」「なぜその会社なのか」

と業種や職種が違えば違う業種や職種を求める理由を伝えます。

同業種の場合はなぜその会社かを深く掘り下げて話す必要があります。

ただし、異業種・異職種の場合は全てに触れなければならないわけではなく、強い志望動機がどこかにあればそこを伝えても良いでしょう。

広告営業の業務内容と求められる能力

まずは広告代理店の仕事や広告営業の仕事について業務内容を整理しておきましょう。

広告代理店は「広告を出したい」「メディアに掲載したい」クライアントに対して、広告のプランを提案した上で掲載までサポートします。

広告代理店には広告営業の他にも、広告戦略を作り上げるプランナー、広告の制作や掲載の管理を行うディレクター、実際に広告を制作するデザイナーといった職種があります。

広告営業はクライアントに対して広告の必要性を理解してもらった上で、広告のプランを提案していく仕事です。

また、自社でメディアを持っている会社(テレビ・雑誌など)も広告営業としての仕事があり、こちらは自社で持っている広告枠に対して広告掲載の提案をクライアントに行います。

広告営業は広告や広告戦略という形のないものを営業します。営業としてのコミュニケーション能力はもちろん、プレゼン力や企画力が求められるのです。

また、プランを練る際にはクライアントの要望を聞いて理解しなければなりません。

傾聴力や推察力といった聴く力も必要となります。広告営業は数ある営業の中でも求められる能力は多いと言えるでしょう。

面接時に聞かれる志望動機の考え方|広告営業→広告営業

同業種での転職では「なぜその会社が良いのか」「なぜ前の会社ではダメなのか」という理由を問われます。

志望動機でも受けている会社が良い理由を、前職や他の広告代理店と比較しながら述べる必要があるでしょう。

もちろん、「給料が良いから」「前の会社は人間関係がよくなかったから」など、前職のネガティブな理由や待遇についてのみだと志望動機としては不十分です。

採用側は会社に入社してから活躍するイメージを描きにくいからです。

以下のポイントを考えてながら前の会社と比較して志望動機をまとめてみると良いでしょう。
・違う領域で活躍したい
・営業方法やクライアントを変えたい(自社メディア販売→広告代理業、クライアントの業種やレイヤーを変える)

同じ広告営業でも違う領域で活躍したい

同じ広告代理店でもCMや雑誌などのメディアに強い広告代理店もあれば、ネットに強い広告代理店もあります。「ネットでの広告展開を磨きたいと思った」など自分とは違う領域に強みを持っている会社であれば伝えていきましょう。

広告営業のスタイルやクライアントとのアプローチを変えたい

実際に同業種で転職している方の中で多いのが、営業のやり方や自社商品が変わるからという理由です。

広告営業には大きく分かれると2つあり、自社メディアを販売する営業と他メディアとマッチングをさせて手数料をもらう営業です。

営業のやり方や自社商品を変えるのであれば、「なぜ変えたいのか」を自分の経験や考えを元に志望動機として答えましょう。

また、クライアントの業種やレイヤーを変えたいというのも志望動機の一つとなります。

「クライアントの会社を動かせる仕事をしたいから経営者に営業したい」など業種やレイヤーを変えることで実現したいことを考えて答えましょう。

会社の仕事に共感

少し違う軸ですが、同業種ならではの志望動機として選考を受ける会社の仕事に憧れたという点もあります。

「(選考を受けている)会社が関わっているプロジェクトが素晴らしいと思った」などがあれば素直に伝えると好印象です。

ただし、「すごいと思った」という感想のみではなく、「なぜ」「どのような点」という「すごいと思った根拠」も同時に伝えましょう。

より広告に対しての自分の考え方や志望動機を強化して伝えられるからです。

面接時に聞かれる志望動機の考え方|異業種営業→広告営業

営業職の中で業種を変える場合には「なぜ広告業界が良いのか」という点を伝える必要があります。その上で「なぜその会社なのか」という理由を伝えましょう。

前職の領域や営業方法、クライアントのレイヤーなどを整理して比較するとわかりやすいです。

広告営業の特徴としては以下の2つに分かれます。
・広告業界に携われる(業界としての特徴)
・提案型営業をできる(営業方法としての特徴)

自分がどちらに(あるいいはどちらも)興味をより強く惹かれているかを整理して考えてください。

広告業界に携われる

広告業界に憧れて転職を決意したのであれば、広告業界に興味を持ったシーンを5W1Hで伝えると良いでしょう。

広告業界の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • 人の心を動かす
  • 売り上げアップに直接貢献できる
  • 企画が出来る
  • 多業種に関わることが出来る
  • 経営層と仕事ができる(場合がある)

他にもたくさん挙げられるので、自分の中で惹かれたポイントを整理しておきましょう。

ただ、「CMが好きだから」ではなく、広告の意義や成果について触れると「仕事として」興味を持っていることが相手に伝わります。

広告ならではの提案型営業をできる

物を売る営業とは違って、自ら企画やプランを考えて売る提案型営業であることが、広告営業の特徴であり魅力の一つです。

企画力やプレゼン力が求められる分、売る商品を自分で決めていくので自由度の高い営業と言えるでしょう。

自分が提案型営業に惹かれたのであれば、なぜ提案型営業に惹かれたのかを伝える必要があります。

前職で出来なかったことや伸ばしたいスキルなど前職との比較を行うとわかりやすく伝えられます。

面接時に聞かれる志望動機の考え方|異業種営業未経験→広告営業

異業種で異職種の場合は「なぜ広告業界なのか」「なぜ営業職なのか」と職種・業種に興味を持った理由を答える必要があります。

ただし、必ずしもどちらも答えなければならないわけではありません。

どちらかに強い理由があれば志望動機ではどちらか一方のみでも大丈夫です。

ただし、その後の質問でもう一方を聞かれる可能性は高いので準備はしておきましょう。

ここでは営業職の特徴を挙げてみます。

  • 売り上げを作れる
  • クライアントと直接携われる
  • クライアントが喜んでる姿を見られる
  • やり方や行動を自分で工夫できる
  • 成果が見えやすい

他にもたくさん挙げられるので、自分なりに営業職に魅力を感じている点を整理しておきましょう。

業界や会社に興味を持った時と同じように魅力を感じたシーンを5W1Hで伝えるとわかりやすく伝えられます。

事前準備の方法

事前準備としては他の職種と大きな違いがあるわけではありません。

ただし、広告営業としての能力を志望動機でも見られるのでその点には気をつけながら準備をしましょう。

  • 自分のビジョンを描く
  • 広告業界・営業職・会社について研究をする
  • 論理的にまとめて話せるようにする

この3点を準備すると良いので、順番に説明していきます。

自分のビジョンを描く

ただ、「その会社に興味がある理由」だけでは志望動機として弱いです。採用側は志望動機を通じて面接者が会社に入って活躍するイメージを描けるかを判断するので、どのように活躍していきたいかのビジョンは描きましょう。

  • 実現したいこと
  • (自分が)なりたい人物像
  • 磨きたいスキル

をポイントとして考えてみると整理しやすいと思います。これらは志望動機で盛り込まなくても質問される可能性が高い項目なので考えておきましょう。

もちろん、ビジョンとその会社で出来ることがかけ離れてはいけません。

「ビジョンを達成したい→その会社でなら達成できそう」というストーリーが大切です。

広告業界・営業職・会社について研究をする

広告営業に関わらず必要な準備です。特に深掘りをして答える点についてはよく研究しましょう。

業界や職種に対しての知識を蓄えるのもそうですが、

  • 実現できること
  • 魅力や大変そうなこと
  • 他(会社・業種・職種)との違い

を自分なりに考えることが大事です。間違っていても研究してきた姿勢が見えれば採用側にとってはプラスの判断材料となります。

論理的にまとめて話せるようにする

どの面接でも論理的に話す能力は求められますが、広告営業の場合は特に求められます。実際の営業で必須のスキルだからです。

  • 結論→理由の順序で伝える
  • 伝えたい項目が複数ある場合は最初に述べておく
  • 一文では一つのことしか伝えない
  • 長く話しすぎないようにまとめる

など、論理的に話すためのポイントはいくつかあります。更に知りたい方は書店やネット上に本やまとめているサイトがあるので読んで練習してみましょう。志望動機のみではなく面接全般で使えるスキルなので訓練して損はないです。

志望動機のサンプル

最後に志望動機の答え方のサンプルをご紹介します。今回は異業種の営業からの転職者をイメージして作成しています。ぜひ参考にしてください。

私が御社を志望する理由としては2つあります。1点目は提案型営業を行いたかったからです。2点目は「中小企業を世の中に送り出す」という理念に共感を持ったからです。

これまでの営業では自社商品を取り扱っていたので、お客様の要望に応えきれず歯がゆい思いをしたことが多々あります。クライアントの要望を最大限応えられるように傾聴して自ら企画と提案を行いたいと考えたのが1点目です。

前職でも中小企業を担当しており、広告費の少なさから世の中に知られていない企業がたくさんいることに気づきました。中小企業でも工夫次第で世の中に送り出せると御社のHPを拝見して感じたことが2点目です。

私の強みであるフットワークの軽さを活かして、様々な業種のクライアントをお任せいただき、一つでも多くの中小企業を世の中に送り出したいと思います。

サンプル回答のポイント

今回のサンプルは長めになってしまいまいしたが、「提案型営業」と「会社の理念」の2つに興味を持ったことが、自分の経験を元に伝えられています。

最後に自分の強みもアピールしながらなりたい人物像を伝えることで、会社の求めている人物像や方向性と相違ないか採用側も確認することが出来るのです。

最後に

今回は面接の際に聞かれる志望動機についての考え方を「広告営業」という職種に絞って紹介しました。

広告営業は営業職の中でも求められるスキルや能力が高いと言われています。

きちんと自分の志望動機を整理してわかりやすくお伝えできるように準備や練習を行いましょう。