転職のすすめ|20代後半からの転職準備 重要な5つのポイント

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

20代後半は、新卒と中途採用の両方のメリットがある特別な年代です。まだ若いのでポテンシャルが期待でき、ある程度経験やスキルも身に付いているという魅力があります。

ですから30代以上の求職者に比べて、未経験業種や職種に挑戦でき、応募できる企業の選択肢が広いのも特徴です。

20代後半から転職準備をすれば、理想の人生が積極的に創れます。

転職のすすめ|20代後半からの転職準備 重要な5つのポイント要約

3行要約
  • 20代後半から転職準備をすると、さまざまなメリットがある
  • 20代後半から始める おすすめの転職準備 重要な5つのポイント
  • 年齢別20代後半の転職活動戦略【転職準備の成功例/失敗例】

20代後半から転職準備をするメリット


20代後半は、キャリアアップ転職を目指せるメリットがあります。同じ会社で働き続け10年近くかけて昇格に漕ぎ着けるところ、場合によっては転職直後から実現できることもあります。

年功序列など昔からの仕組みの会社で働いている場合は、実力を評価する会社に転職することで、昇給・昇格スピードを速めることができます。転職することでキャリアをショートカットできるのです。

20代後半から転職準備をするメリット

  • 20代で自分の価値を高めれば、転職・昇格・異動のチャンスが高まる!
  • 20代後半は企業が特に欲しがる年代!好条件で転職する絶好のタイミング
  • 20代にしかできない転職準備もある!しなかったことを後悔せずにすむ

20代で自分の価値を高めれば、転職・昇格・異動のチャンスが高まる!

2020年は転職のチャンスです。少子高齢化、東京五輪に向けての重要増で人手不足が続いている今、できるだけ早く行動することが転職成功の近道です。

自分の価値を高めるのは、キャリアプランの作成、スキルアップ、資格取得、語学の習得などが代表的ですが、どれも転職前にコツコツ準備できることがほとんどです。

特に20代後半で転職に向けて準備した多くの人は、自分の希望や生活スタイルに合った理想の転職を叶えています。

20代後半で準備した人がかなえた理想の転職

  • 年収が大幅にアップした
  • 得意なことが活かせる会社からスカウトされた
  • 年間休日増・残業なし・福利厚生充実の優良企業に転職できた

理想の転職を叶えた結果、結婚や親孝行など、自分の望むライフスタイルを実現する人も多いのです。

20代後半は企業が特に欲しがる年代!好条件で転職する絶好のタイミング

希望の転職が成功した人の約4割は、20代後半です。転職市場では第二新卒を越えた、20代後半の求職者も非常に需要が高く、人気があります。

下のグラフは、転職サイトdodaが転職成功者を対象に実施した転職成功者の年齢割合をまとめたものです。

この調査によると、転職成功者の約4割が20代後半ということが分かります。

転職成功者の年齢割合(2018年下半期と2019年上半期の比較)

2018年の下半期と2019年上半期を比べると、「30~34歳」「35~39歳」が転職に成功する割合が下がっています。

一方、「24歳以下」「25~29歳」は、転職を成功させている人の割合が増加しています。このように、20代後半は需要があり転職に適した年代なのです。

企業が20代の中途採用を行う理由は、他社で活躍している若手を採用すれば、入社後短期間で即戦力になるからです。中途採用者は社会人としてのマナーや仕事の基礎が身に付いているため、時間や手間をかけて教育する必要がありません。

転職活動を行う際は、以下の点を中心にアピールするのが転職を功のコツです。

20代後半の転職活動でのアピールポイント

  • 将来性も十分に見込める若さ
  • 社会人としての経験
  • 経験やスキルを活かして得た実績

また20代後半は会社に染まっておらず、順応性・吸収性が期待されます。ですから、未経験業界や職種への転職もチャレンジしやすいという特徴があります。

20代後半という好条件で転職できる絶好のタイミングを活かすコツは、複数の転職サービスに登録することです。数分の登録が今後の人生を左右するかもしれません。1つの転職サービスだけでは、魅力的な求人を見逃す可能性があるからです。

また、転職サービスには「第二新卒に特化」「未経験職種歓迎」などそれぞれに特徴があり、強みが違います。

複数の転職サービスに登録すれば、自分で探すよりも早く、相性の良い好条件の企業が見つかる可能性がグッと高まります。しかも、利用料は完全無料です。利用しない手はありません。

いくら20代が転職に有利だといっても、転職回数が増えてしまうとその後不利になります。5年後・10年後に選べるキャリアを減らさないように慎重に転職準備を行いましょう。

20代にしかできない転職準備もある!しなかったことを後悔せずにすむ

20代後半は他の年代に比べて圧倒的に転職しやすく、成功する確率が高いです。大きな実績がなくても、思い通りの転職に成功するチャンスが十分にあります。

転職市場において20代後半の求職者は、仕事に対するポテンシャルや熱意などが重要視されるからです。

一方、30歳を越えると、これまでの経験で培ったスキルやキャリアが採用に大きく関わってきます。選考過程で力不足と判断された場合、ポテンシャルが期待できないだけに不採用にされてしまう可能性が高くなります。

30代で内定がなかなかもらえない人の中には、「20代のうちに転職準備を始めていたら…」と、後悔する人がたくさんいます。

満足度の高い転職を成功させるためには、20代後半から転職準備をすることを強くおすすめします。

20代後半から始める!おすすめの転職準備 重要な5つのポイント


20代後半になると、マネジメント業務に携わったり、役職が上がったり、キャリアやスキルが高くなっていきます。ですから、年収や待遇アップなどの「キャリアアップ転職」が大いに狙えます

しかも、20代のうちはまだポテンシャルも加味してもらえるので、積極的に転職にチャレンジする価値があります。

20代後半は、社会人経験を積み、若さと経験どちらもアピールできる貴重な年代です。企業の需要も高いので、自己分析・情報収集を正しく行えば想定した以上の好条件での転職が可能となります。

20代後半から始める!おすすめの転職準備 重要な5つのポイント

  • 理想の人生を実現するには20代でキャリアプランを立てるのがカギ
  • 資格は転職や昇格に断然有利!早いうちに取得するとさらにお得
  • 未経験職種にチャレンジするなら、20代後半がラストチャンス!
  • 楽して得する!20代後半のコネクション構築はメリットいっぱい
  • 家族・プライベート…仕事以外にもアンテナを張り毎日を楽しむ

理想の人生を実現するには20代でキャリアプランを立てるのがカギ

20代後半の転職は、人生の大きな岐路となります。この選択で5年後、10年後の人生設計が変わってきます。20代後半の転職活動は、将来のキャリアプランをしっかり意識することがポイントです。

そのためには、現状の何が不満なのか、どう変えたいのかをしっかり振り返ってください。

20代後半の転職は、新卒の就職活動とは違います。人気企業・有名な会社といった選び方だけではなく、「なぜ転職したいのか」「転職によって何を得たいのか」を自問自答することが大切です。

そうでなければ、今までと同じような悩みから辞めたくなったり、思うように活躍できず年収や満足度のアップが叶いません。

そのうえで、新しい環境で何をしたいのか、将来どのようにキャリアを積んでいきたいのかをきちんと見定めましょう。

キャリアプランの作成は、1~2時間程でできます。転職準備のはじめの一歩として、試してみてください。

あなたのキャリアプランや生活にピッタリの企業で働けるのであれば、知名度や規模にこだわり過ぎないことも転職を成功させる秘訣です。

20代のキャリアプランについては以下の記事で詳しく紹介しています。

20代から考えるキャリアプランの重要性とプラン・目標の立て方

資格は転職や昇格に断然有利!早いうちに取得するとさらにお得

「20代のうちに資格を取っておけばよかった」と後悔する人はとても多いです。資格やスキルはあなたの努力を証明する証になります。

30代以降は、「勉強しても覚えるのに時間がかかる」「家事や育児に忙しく、勉強する時間がない」という声も多数挙がっています。

仕事に役立つ資格や、やりたいことを叶える資格があるなら、勉強する環境が整っている若いうちがおすすめです。 チャレンジは早いに越したことはありません。

また転職の際、履歴書に書かれた資格はかなり注目されます。20代後半の採用では環境の変化に早く対応できるよう、ある程度のスキルが身に付いていることを期待されます。

ですから、若いうちに資格を取得していることは非常に有利です。直接仕事に関係がなくても、意欲、能力、努力家などプラスの印象を与えます。

未経験職種にチャレンジするなら、20代後半がラストチャンス!

30代以降の社会人の意見を見ると、「本当にやりたい職業にチャレンジすればよかった」「新卒は未経験で飛び込むチャンスなのに、当時はできなかった」など、さまざまな「やっておけばよかった」という後悔が目立ちます。

20代のうちにしかできないことの代表が、未経験職種へのチャレンジです。

人は、歳や経験を重ねるごとに責任が増えます。たとえば、役職が付いて辞めづらくなったり、家庭を持ったり、親の介護が必要になったりと、自分の都合だけで転職しづらくなってしまった人は多いです。

未経験職種への転職は、年を取るごとに難しくなっていきます。20代後半を過ぎるとかなり難しくなります。

企業側も未経験の転職者を雇うにはリスクが高いのです。同じ未経験者を採用するなら、成長性・柔軟性のあるより若い20代を採用しようと考えます。

あなたが20代後半で転職を検討しているのであれば、新卒時の就活で諦めた業種や職種に再チャレンジできる、新たなスキルが身に付き仕事の幅が広がるなど、今転職に「挑戦する価値」は非常に高いです。

また、複数の業界や組織を経験することで、企業に貢献できる場面が増え、人生の満足度が高まるというメリットもあります。

楽して得する!20代後半のコネクション構築はメリットいっぱい

会社では多くの人が連携しています。ですから良い人脈を作っておくと、スムーズに物事が進められるのです。

同じ部署はもちろん、他部署の人たちとも積極的にコネクション構築を広げるよう心掛けておくと、あなたの存在感は大きくなり必ずプラスに働くようになります。

プライベートや社内外にも多くの人脈を築いておくと、ビジネスを有利に進めたり、思わぬチャンスが舞い込むこともあります。困ったときに助けてもらったり、役に立つ情報を得る機会も増えます。

仕事の実力には「仕事ができる」だけでなく、「どれだけ人脈を構築し、他の人に信頼され、好かれているか」も含まれます。つまり、コネクション構築も実力のうちなのです。

そのためには、同僚だけでなく上司や後輩との部署、会社を超えた人脈作りが大切です。

特に転職を希望している人にとって、コネクションは非常に好都合です。

たとえば、興味のある会社の適切な人物に良いタイミングで紹介してもらえたら、通常より格段に有利な条件で転職活動ができます。

家族・プライベート…仕事以外にもアンテナを張り毎日を楽しむ

20代を終えた人たちにヒアリングすると、「20代のうちにもっとアンテナを張り、毎日を楽しんでおけばよかった・・・」と後悔している人が多いです。

やって失敗したことより、やらなかったことを後悔するコメントが圧倒的でした。

20代特有の「勢いや体力がある」「比較的失敗が許される」「自由に使える時間がある」などのメリットを有意義に使い、好きなこと、興味のあることには積極的にチャレンジしましょう。

失敗を恐れず、やってみることが大切です。さまざまな経験を積んでおくと、その後の人生は豊かになります。仕事でもプライベートでも、自分の気持ちに素直に行動するほうが後悔は少ないです。

特に女性は、結婚・出産・育児などでどうしても制限が掛かるという意見が多く、20代のうちにやっておくべきこととして、転職、勉強、旅行、貯金、親孝行などを挙げる人が目立ちました。

【年齢別】こうすれば上手くいく! 20代後半の転職活動戦略


20代での転職は一般的に有利です。けれども20代前半と後半では、企業が求めるものが違います。

企業から求められる部分をしっかりと把握し自分の適性やスキルと合わせれば、さらにマッチング力、転職成功率が高まります。

年齢に応じて、どんな戦略で転職準備・活動を行うべきかご紹介します。

25歳前後

第二新卒としてのポジションを活かした転職活動がおすすめです。

新卒採用では学歴が大きく影響しますが、第二新卒での転職の場合は「社会人になってから何をしたか」で評価されます。仕事経験が豊富であれば、中小企業から大手企業への転職も十分狙えます。実際に、新卒の頃叶わなかった人気企業に転職した人もいます。

26~27歳前後

ポテンシャルを活かしつつ、経験もアピールしてキャリアアップを狙います。未経験の職種や業種も視野に入れます。

第二新卒としての転職ではなくなり、即戦力が求められます。ただし、まだ成長が期待できるため、経験がなくてもある程度ポテンシャルを評価してもらえる場合もあります。

ですから、経験やスキルを上手くアピールしつつ、「未経験者歓迎」などのポテンシャル重視の企業も視野に入れて転職活動を行うのがおすすめです。

28歳~29歳

スキルや実績を武器に、即戦力をアピールしてキャリアアップを狙います。若さを売りにするラストチャンス。役職やマネジメント経験なども重視されてきます。

他の20代と比べてスキルの高さや豊富な経験が求められ、ますます即戦力が期待されます。経験豊富な30代前半の人と比較されることもあります。

全ての年代の中で、年収を上げて転職に成功している人が最も多いのが28歳~29歳です。豊富な経験プラス20代で、吸収力・成長性・柔軟性・即戦力を兼ね備えたこの年代は、企業側が特に欲しがります。

この年代は、リーダーや主任などの経験者も少なくありません。部下と上司のパイプ役、新人教育やサポート担当などの経験を買って採用する企業も多いです。

年収・キャリアアップを目指し、経験とこれからできることをアピールし、自分を高く評価してくれる企業を見つけましょう。

20代後半で人生を変えた人の体験談【転職準備の成功例/失敗例】


転職すると、新しい知識や経験が飛躍的に増えます。自分の商品価値を上げ、年収アップした人も数多く存在します。

収入や待遇改善を目的とした転職でなくても、ひとつの会社にずっといることを前提とするより、転職を含め、あらゆる可能性を想定しておくことで、人生の選択肢を増やすことができます。

ただし、「転職貧乏」という言葉に象徴されるように、転職して年収が減ったり、ボーナスをもらい損ねたり、退職金・年金で不利になるケースもあるのが事実です。

20代後半はその後の人生の岐路になることが多い年代ですが、転職準備をしっかり行ったか否かが、特に重要になります。

20代後半で人生を変えた人の体験談【転職準備の成功例/失敗例】

  • 仕事を続けながらスキルを磨き、キャリアアップ転職を実現した25歳
  • 複数の転職サービスを活用して得た天職!最高の職場で生き生き働く27歳
  • 30代目前で不本意な異動 意欲・経験・人脈なしで途方に暮れる29歳
  • マネージャーに抜擢されたのに…スキル不足で部下が付いてこない28歳

仕事を続けながらスキルを磨き、キャリアアップ転職を実現した25歳

20代前半は、淡々と仕事をこなす毎日でした。

入社2年目で社内の講習会に参加し、技術や資格だけでなく、仕事をやり切る力、物事に取り組む姿勢といった能力すべてが「スキル」として評価されると知り、がぜんやる気が出ました。

手に入れたいと思ったのは、ポータブル・スキルです。業種や職種を超えて通用する汎用性の高いスキルがあれば、どんな環境でも役に立つと思ったからです。急に前向きな気持ちになりました。

「指示待ち」を止め、自分で課題を見つけ、それを解決するための段取りを考えて実行するよう心掛けました。業務に必要な資格は積極的に取得し、活用。周囲にもアピールしたところ、社内外の人脈が急激に増え25歳で好条件の転職話が舞い込みました。

チャンスだからとチャレンジした結果、新卒時では考えられないような有名企業に好条件で採用されました。

今、毎日がとても楽しいです。年収が1.3倍になったことはもちろん、自分に自信が持てるようになったことが一番の転職の成果だと思っています。

成功の要因

20代の早い段階で、仕事に対する意識を変えたことが成功の要因です。その後、能動的に行動しチャンスを上手く掴みました。素直で明るい性格も周囲から応援してもらえるポイントです。

複数の転職サービスを活用して得た天職!最高の職場で生き生き働く27歳

20代後半で転職を考えているのであれば、まず自分の希望に合った転職サービスに複数登録することを強くおすすめします。

たった数分の登録で、完全無料で親身に相談に乗ってくれ、履歴書・職務経歴書の添削から、企業の求人紹介、面接のセッティング、条件交渉など、転職に必要なサポートをしてもらえます。

ひとりの転職準備や活動では、気付けない自分の市場価値や最新情報を転職サービスは教えてくれました。私の場合は、業界・業種・職種をむやみに絞らずに条件にピッタリ合う求人を探してもらったことが奏功しました。

27歳で天職と思える仕事を得て、生き生きと働けているのは、あの日何気なく登録した1タップから始まっていたのだと、幸運に感謝する日々です。

成功の要因

自分ひとりで転職活動を始めず、プロの転職サービスを有効活用したことで、好条件の企業に出会えた好例です。転職サービスにはさまざまなメリットがあるうえ、利用料は無料です。積極的に使わないともったいないです。

30代目前で不本意な異動 意欲・経験・人脈なしで途方に暮れる29歳

新卒で入社し、漫然と務めていました。定年まで安泰だと思い込んでいたからです。

29歳という若さで閑職に飛ばされたときには、愕然としましたが既に遅し。仕事に対する意欲も経験も人脈も何もない自分に途方にくれました。

慌てて転職活動をしてみましたが、高望みし過ぎていつまでたっても内定を勝ち取れない状況です。調べてみると、年齢の割にスキルや経験の乏しい自分の市場価値は、想定以上に低いことが分かりました。

かといって、あまりにハードルを下げすぎると年収がガクンと下がります。転職後に後悔しそうなので、現職にしがみついています。

なぜもっと早く転職準備を始めなかったのか、自分を責めています。

失敗の原因

現職の環境に甘え、自己啓発を怠ったことが失敗の原因です。転職では、年齢と経験・スキルなどがマッチしていないと、なかなか内定が得られません。転職を考えていなくても、いつでも転職できるくらいに準備をしておくのが理想です。

マネージャーに抜擢されたのに…スキル不足で部下が付いてこない28歳

自分は営業のプレーヤーとしては、非常に優秀だと自負してきました。高卒からの叩き上げですが、常に社内の営業成績はトップで同期では一番早くマネージャー職に抜擢されました。

けれどもマネジメントに関する勉強を全くしてこなかったので、部下が全く付いてこず、自分の高圧的な態度にあっという間に悪循環に陥りました。

多少勉強し、人を動かすにはさまざまなスキルが必要だと分かりましたが、後の祭り。部下だけでなく、上司から失った信用・期待は取り戻せません。

今はあれだけあった自分への自信も失いかけています。中・長期的な広い視野を持ち、将来に備えて準備をしておくべきでした。

学歴がないので転職するという選択肢もなく、過去の輝いていた日々にもっとコツコツ勉強すべきだったとひどく悔やんでいます。

失敗の原因

プレーヤーとして、周囲から高く評価された人でも、職位や環境が変わるとうまく対応できないことは多々あります。日頃からキャリアプランを意識して、必要なスキルや勉強をしておくことが肝要です。

まだ間に合う!20代で転職準備をして、年収・キャリアアップを叶えよう


「やりたいこと」「できること」を自分に問い続け、実行していくのが、「働く」ということです。

今は、ひとつの会社、ひとつの仕事を一生続けていくことが難しい時代です。転職を想定してスキルを磨くなどの準備をしておくことは、いざというとき年収や生きがいにプラスの影響を与えます。

技術や経験を磨き、自分が輝ける場所でもっと自分を活かしてみませんか?

そのためには先手必勝です。1日も早く転職準備をして、年収・キャリアアップなどを叶え、あなたの理想の人生を創ってください。

20代におすすめの転職サービスに関しては以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

20代・第二新卒で成功する転職サイトおすすめ10選【2020年版】