20代男性|営業職にオススメの転職サイト6選と年収アップにつながる活用方法

派遣の待遇改善と給与アップなら

無期雇用派遣サービス|マイナビキャリレーション

20代後半になってくると周りの友人や同僚も転職をし始め、「自分も転職考えようかな…」と思う方も多いのではないでしょうか?

実際、厚生労働省が発表している平成30年雇用動向調査結果の概況内の年齢階級別転職入職率でも、25歳〜29歳が全年齢層の中で最も高く(男性15.4%、女性17.2%)20代後半が最も転職のしやすい年代と言えます。

20代男性の場合、将来的なキャリアプランを考えながら、初めての転職でどのように進めたら良いかわからない方も多いかと思います。

そこで、今回は20代男性の営業職が転職する際にオススメする転職サイトをご紹介します。

また、年収アップに繋がる転職サイトの活用方法もご紹介します。せっかく転職をするのですから、キャリアアップにつながる転職活動を行いましょう。

20代営業職にとってのキャリアプラン

20代の男性が営業職に転職したいなら、まずは5年後のキャリアプランを思い描くことが重要です。

早く転職したいからと焦って、やみくもにたくさんの転職サイトに登録するよりも、理想に近い職場が見つかる可能性がグッと高まります。さらに満足度・年収アップも期待できます。

ビジネスで成功するには、営業のスキルや能力は非常に有益です。ですから営業職は、魅力あふれる職種です。

そんな20代営業職のキャリアプランには、大まかに3つのパターンがあります。

営業職のキャリアパターン

  • 営業のスペシャリストを目指す
  • 営業職の管理者を目指す
  • 独立して起業を目指す

どのような道に進むとしても、なりたい自分を具体的に思い描いてみてください。仕事やプライベートのモチベーションが上がり、主体的に取り組めます。

営業のスペシャリストを目指す

「営業職を極めて、第一線の営業マンとして輝きたい」という人におすすめなのが、営業のスペシャリストです。

部下育成や組織を管理するのではなく、営業職に注力するプレーヤーとして、現場で活躍するというプランです。

営業のスペシャリストは、身に付けたスキルを駆使して常にトップクラスの営業成績を誇る存在です。

従来の顧客から厚い信頼を得ることはもちろん、新規顧客を開拓する能力も必要になります。大手企業で歩合制であれば、やりがいも年収も期待できます。

営業職の管理者を目指す

営業職の中で昇進・昇格を目指すパターンです。

そのためにまずは、営業マンとして優秀だと周囲に認めさせる必要があります。その上で、チームをまとめるリーダーから大きな組織を運営する上層部へと、マネジメント能力や人間力を武器に出世を目指します。

管理職としてチームやグループを率いるリーダーシップやコミュニュケーション能力も求められます。

独立して起業を目指す

営業職は勤務時間が比較的自由で、独自のノウハウや人脈が活かせるなどのメリットがあります。

営業職を経験すれば、マーケティング力、提案力、ヒアリング力などが身に付きます。

ですから将来的に組織や会社から独立して、起業する人も少なくありません。

ひとりでさまざまな問題に対処しなければなりませんが、成功して大幅な年収アップを叶える経営者もいます。

20代男性の転職サイトの選び方


近年の日本は、人材不足です。ですから、現在求人活動が活発化しています。

それに伴い、数多い転職サイトが運営されています。その中で自分に合った転職サイトを選ぶためにはどうしたら良いのでしょうか?

転職サイトと一口に言っても、それぞれの転職サイトで得意な業界や年齢層などに特徴があります。

上記で説明したようなキャリアプランを見据えて、転職する目的や希望する業界に強い転職サイトを選ぶと、より効果的に活用できます。

転職先の業界によって選ぶ

特定の業界に強い転職サイトがあります。例えば、現在はIT業界が非常に採用活動が活発になっており、IT系専門の転職サイトも登場しています。

どのような業界に転職を希望しているかによって、活用すべき転職サイトは変わります。

また、未経験の業種・職種にチャレンジしたいのであれば、未経験者を多く採用している会社がオススメです。

未経験の応募を多く取り扱っている転職サイトを選んでみましょう。

転職先の場所によって選ぶ

日本では東京を含む関東圏が一番採用活動が活発化しており、続いて関西、中部地方となっています。

これらの地域での転職を望む方は多くの転職サイトを活用できますが、その他の方は、希望する地域の採用が掲載されている転職サイトを利用する必要があります。

また、転職サイトによってはUターンやIターンに強く、地方の求人が多く掲載されているサイトもあります。

希望によっては大いに活用できるでしょう。

自分の経験や状況に合わせて選ぶ

自分の現在の状況は、転職活動に大きな影響を与えます。

例えば26歳以下の場合は第二新卒という扱いになるので、応募の幅がかなり広がります。

また、正社員としての勤務経験があるかどうかも採用判断に影響します。経験がない場合は、経験不問の募集が多くあるサイトを選びましょう。

現在の年収や所属企業も、採用条件に当てはまることがあります。

外資系企業や年収の高いハイクラスな求人が多く掲載されているサイトもあるので、自分の状況と照らし合わせて活用しましょう。

【おすすめサイト1】リクナビNEXT


リクナビNEXTはとにかく求人数が豊富にあるのが特徴です。全国で2万件以上の求人数があり(2019年6月現在)、新着求人も毎週数百件〜数千件が掲載されています。

企業の採用に関して全国トップレベルの規模・ノウハウを持つリクルートのサイトだけあり、大手企業からの求人も数多く掲載されています。大手の営業職で経験を積めば、年収の大幅アップも見込めます。

全国エリアで会社の規模や業種・職種も幅広く取り扱っているので、希望に叶う条件の求人がきっと見つかります。

リクナビNEXTでは限定求人としてリクナビNEXTのみで扱っている求人も数多くあるので、転職活動の第一歩として登録するのにオススメです。

アプローチやオファーで企業からも連絡が来る

リクナビNEXTでは、「アプローチ」や「オファー」と呼ばれる企業からのアプローチサービスが完備されているのも魅力の一つです。

「オファー」は自身の経験や職歴を登録すると、あなたに興味のある企業から採用の打診が来るサービス。「アプローチ」は自分が気になる企業をリストに入れると、その企業があなたに興味がある場合に直接連絡が来るサービスです。

今すぐ転職する必要はないけれど、将来のために転職の準備をしておきたいと思っている方には、非常に有用なサービスです。

自分の市場価値が分かるのはもちろん、膨大な求人から検索することなく自分に興味を持っている企業が分かります。

第二新卒や未経験からの就職もサポート

リクナビNEXTでは、第二新卒や未経験を歓迎する企業の掲載も豊富にあります。「第二新卒・未経験」に絞って検索できるので、効率良く簡単に理想に合う求人が探せます。

「営業職は未経験だけれど、チャレンジしてみたい」という方に魅力的なサービスもあります。企業と自分をマッチングしやすいように、「向いている人」「向いていない人」が掲載されているのです。自己分析した後、自分と希望する会社の社風が合っているかどうか確認できます。

【おすすめサイト2】DODA


DODAはリクルートと同じく人材大手企業のパーソルキャリアが運営しており、求人数の豊富さや全国エリアであることがメリットです。公開求人は7万件前後(2019年6月現在)あるので、業種・職種共に幅広い求人の中から選べます。

営業職以外にも興味のある職種がある方にもオススメです。

リクナビNEXTと比較するとベンチャー企業からの求人が多く、探しやすいのもポイントです。パーソルキャリアは中途採用に特化した人材企業として成長してきたので、中途のみの採用活動を行なっている企業からも信頼が厚いのです。

エージェントサービスや診断サービスが転職活動をサポート

DODAは転職サイトであると共に同じサイトからエージェントサービスを受ける事もできます。自分で調べてきた求人情報を活かして、エージェントサービスに移行させる事が出来るのです。

また、転職活動を始めたばかりの方には、豊富にある診断サービスもおすすめです。

「年収査定」「キャリアタイプ診断」「合格診断」など自分の市場価値の確認や転職に伴ってどんな求人が向いているかを調べる事で、転職をより具体的に進めることができます。

【おすすめサイト3】マイナビジョブ20’s


人材企業大手であるマイナビが運営しているのがマイナビ転職。その中でも20代の転職・第二新卒・既卒向けの転職サポートを行なっているのがマイナビジョブ20’sです。ですから、20代で営業職への転職を希望している方にピッタリです。

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントサービスです。

しかし、マイナビジョブ20’sでは20代向けの求人をサイトから探し出す事もできます。エージェントからの紹介案件のみならず、自分で求人を探して応募する事も出来るのです。

ただし、マイナビジョブ20’sは関東圏、関西圏、中部圏にエリアが限られています。他のエリアで探したい方はマイナビ転職を活用してください。

転職に向けたカウンセリングや適職診断が強力にサポート

20代の転職では、自分の経験がどう活かせるのか、どのようにキャリアを作り上げるかイメージがわかない方も多いです。

転職活動は、自分のキャリアの作り方を考えながら行うのがコツです。その点、マイナビジョブ20’sはキャリアを作るサポートが充実しています。

まずは適性診断を行い、結果を踏まえてキャリアカウンセラーの面談を受けることができます。その後、キャリアカウンセラーからの紹介や自分で探した案件に応募します。

どちらにしても自分の適性やキャリアを考えた上で転職活動出来るため、スムーズに進められるのです。

【おすすめサイト4】ビズリーチ


ビズリーチは管理職や専門職、グローバル人材などに特化したハイクラス求人の転職サイトです。年収1.000万円を超える求人が1/3以上と、収入面でも役職面でも上を目指せるサイトです。

経験が豊富で、これからさらなるキャリアアップを目指したい人にはチャレンジしてみる価値のある転職サイトです。

スカウトやヘッドハンティングの活動がかなり活発に行われているので、職務経歴などを登録すれば待っているだけでも求人やスカウトメールが来ます。ただし、求められる人材像のレベルも高いです。

有料サービスを活用する

通常、転職サイトや転職サービスはユーザーは無料ですがビズリーチは一部有料のサービスとなっています。

無料会員:無料で会員登録を行う
→プラチナスカウトメールからの応募のみ可能。求人は閲覧のみ

タレント会員:現年収750万円以下向けの有料会員(月額:2,980円)
→全てのスカウトメールから応募可能。求人を自分で応募する事も可能。

ハイクラス会員:現年収750万円以上向けの有料会員(月額:4,980円)
→全てのスカウトメールから応募可能。求人を自分で応募する事も可能。

無料でも案件への応募は可能ですが、自分で求人を探して応募したい場合は有料会員になる必要があります。

また、スカウトメールも全て閲覧可能ですが、プラチナスカウトメールという特別なメールにしか返信が出来ないので、ビズリーチをメインに転職活動したい方は有料会員に登録するのがオススメです。

ハイクラス会員とタレント会員は、出来ることに特に変わりありません。

ただし、企業からのスカウトやヘッドハンターからの紹介案件はハイクラス会員の方が集まりやすいです。ビズリーチをフル活用出来るのは年収750万円以上の有料会員です。

【おすすめサイト5】はたらいく


はたらいくは、リクナビNEXTも運営しているリクルートが運営している転職サイトです。主に中小企業向けのサービスとなっており、全国各地で幅広い求人から探すことができます。

はたらいくオリジナルの求人が90%以上、従業員数50名以下の求人が6割と、他の転職サイトにはない求人を探すことができます。

関東や関西、中部や札幌・福岡といった都市部以外の求人も豊富にあるので、地元で働きたい方やUターン、Iターンをしたい方にオススメの転職サイトです。

ひとがらや仕事へのスタンスをアピール

はたらいくでは「らいくサービス」として通常の経歴や資格・職歴以外に「自分のひとがらを表すエピソード」「仕事を行う上でのスタンス」などを記載できます。

採用担当者もひとがらやスタンスを見た上で、面接への判断やスカウトを行います。

未経験の営業職にチャレンジしたい方や実績・資格がない方は通常の転職サイトでは書類選考で落ちてしまう事も多々あります。はたらいくならそのような方でも企業が気に入ってくれるチャンスがあるので、未経験の方にもオススメのサービスです。

【おすすめサイト6】type


typeは、関東圏・関西圏を中心としたエリアでの転職・採用をサポートしている転職サイトです。IT業界や営業職の転職に強く、エンジニアからプロマネ、コンサル、電子技術者まで様々なITの職種の求人を豊富に取り扱っています。

IT系に強い転職サイトだけあり、自身のサイトもAIを駆使してサポートを行なっています。

AIロボとのチャットによる適職探しや、サイト内の行動履歴からおすすめ求人を探し出してくれるサービスもあるので、自動的に自分の傾向や志向が分かります。

注目の業界・職種に強いtype

IT業界は現在最も勢いのある業界の一つであり、人材募集も活発に行われています。

日々新しいサービスが生まれており、これからもますます発展することが予想されます。また、営業職は昔も今も優良な人材が求められているので、実績次第でキャリアをジャンプアップさせることができます。

このように人気のある業界・職種に強いのがtypeです。IT・営業は他の業種・職種と比較すると年収が高い傾向にあるので、年収をアップさせたい方にも非常におすすめです。

type転職エージェントでは、利用者の71%が年収アップに成功しているというデータが出ています。typeからの直接応募でも年収アップが十分に見込めます。

年収アップを目指す方の転職サイト活用方法


ここまでさまざまな転職サイトを紹介してきましたが、どのように活用するとより効果的なのでしょうか?

今回は年収アップに目的を絞って、転職についての考え方や転職サイトの活用方法をご紹介します。

転職で年収アップを目指すポイントは、次のようなものがあります。

転職で年収アップを目指すポイント

  • 同業種・同職種での転職が基本
  • 業種・職種では、営業・IT・コンサルが年収が高い傾向
  • キャリアカウンセラーや診断サービスで自分の市場価値を知る
  • スカウトやエージェントも活用する

同業種・同職種での転職が基本

年収アップを目指すためには、実績や経験を認めてもらいステップアップするのがおすすめ。そのためには、今までの実績・経験を活かせる同業種・同職種での転職が基本です。

現在の自分と同じ業種・職種に強い転職サイトがあれば、積極的に活用しましょう。

また、ほとんどの転職サイトは業種・職種別を細かく検索できます。年収条件を加えられるサイトもあるので、自分と同業種・同職種で年収が高い求人がないか調べてみてください。

業種・職種では営業・IT・コンサルが年収高い傾向

20代は、異業種・異職種にチャレンジするチャンスが多い年代です。未経験の世界にチャレンジしたい場合は、どのような業種・職種が年収アップに繋がるのでしょうか?

業種としてはIT業界が年収がアップしている傾向にあります。業界自体も伸びており、人材不足も伴って、年収の高い求人が増えています。未経験でも採用したいという企業が数多くあるので、チャレンジしてみてはいかかでしょうか?

職種では営業・コンサルが年収が高い傾向にあります。どちらも人に価値がつく職種ですので、年収が高めなのです。

特に営業は固定給以外にインセンティブがある場合も多く、見た目の年収より高くなる事もあります。求人の詳細を閲覧すると、インセンティブについて掲載している企業もあるので、転職サイトで詳細まで閲覧してみましょう。

キャリアカウンセラーや診断サービスで自身の市場価値を知る

自分の実績や経験で年収アップを目指せるのかどうかわからない方は、転職サイトのサービスを活用して調べてみるのがオススメです。

自身の実績や経験から適正年収を計算する「年収査定」というサービスがある転職サイトもあります。また、自分の経験や職務経歴をキャリアカウンセラーに見せ、希望を伝えれば、どのくらいの年収アップが見込めるのかの判断と共に求人の紹介もあるかもしれません。

スカウトやエージェントも活用していく

年収アップを目指すのであれば、転職サイトのスカウトサービスや転職エージェントも積極的に活用しましょう。

スカウトサービスの傾向によって、自分の市場価値を確かめることができます。また、「求められている人材」にスカウトがくるので、年収アップに繋がります。

ただし、大量にスカウトメールが来るような転職サイトは、あまり当てにならない事もあります。企業が大雑把な条件設定に当てはまる方全てに、スカウトメールを送っている可能性があるからです。

大量にスカウトメールが来るような転職サイトの場合は、自分で探した方が良いでしょう。

転職エージェントは、転職サイトに掲載されていない未公開求人を大量に確保しています。転職エージェントに希望を伝えると、自分では見つけられない求人の紹介もあります。ぜひ活用してください。

転職サイトを活用して、より良いキャリアを築こう


今回は20代男性にオススメの転職サイトと年収アップに繋がる活用方法をご紹介しました。

20代はキャリアアップを目指す上でも、キャリアチェンジを目指す上でも重要な年代です。自分のキャリアプランをイメージしながら自分に合う転職サイトを活用して、より良い転職をしてください。