東洋経済|くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集の読者コメント

くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集するワケ – 東洋経済

記事内容

回転ずしチェーン大手のくら寿司が5月末に募集を開始した「エグゼクティブ採用」が外食業界で話題となっている。

同社は2020年春の新卒採用で、入社1年目から年収1000万円の幹部候補生を募集する。条件としては26歳以下(就業経験者、卒業後に1年以上ブランクがある者は対象外)という年齢制限に加え、TOEIC800点以上、簿記3級以上といった必須資格もある。募集人数は最大で10人を予定している。

外食業界において「新卒で年収1000万円」はまさに異例中の異例だ。『「会社四季報」業界地図2019年版』(小社刊)によれば、業界別40歳モデル平均年収で外食は491万円と、64業界中57位。首位のコンサルティング(1316万円)や2位の総合商社(1232万円)と比べると、その差は歴然としている。また、くら寿司の有価証券報告書によれば、1252人いる従業員の平均年収は450万円程度(平均年齢30.4歳、2018年10月末現在)。

新卒1年目から平均年収の2倍を超えることになる。

以下は東洋経済ページからご確認ください。

https://toyokeizai.net/articles/-/290502

読者コメント|くら寿司が入社1年目から年収1000万円の幹部候補生を募集の理由

  • yutarou7
  • 男・29歳
  • フリーランス

くら寿司が5月末に募集を開始した「エグゼクティブ採用」についてニュースで拝聴された方も多いのではないでしょうか。

その内容は、2020年春の新卒採用で、入社1年目から年収1000万円の幹部候補生を募集するというものでした。

条件は、
・26歳以下(就業経験者、卒業後に1年以上ブランクがある者は対象外)
・TOEIC800点以上
・簿記3級以上

という3つのみ。他に新卒採用を募集している企業と比較しても、条件は比較的緩いとも取れます。

あくまでも新卒という条件ではあるものの、実質の資格はTOEICと簿記の保有があれば応募可能のため、この条件に当てはまる方はかなりいるのではないでしょうか。

また、2018年10月末現在、1252人いる従業員の平均年収は450万円程度(くら寿司の有価証券報告書より)になっていることから、既存の従業員よりも新卒の年収が2倍以上も上回るということも話題となりました。

どの企業も優秀な人材を確保するために様々な工夫をしていますが、目に見える形で年収1000万円という条件はこれまでに無かったケースです。

ここで、1つこれまでに企業が行った人材確保の実例を見ていきましょう。

くら寿司と同様の飲食業界で実際にあったのは、石川県金沢市に本社を置く株式会社オハラです。

60歳以上パート社員を、“達人”として募集し、高齢者に負担のない午前5時から午前9時30分までという勤務形態で募集しました。

こんにゃく、お菓子、ゼリーといった自社製品に力を入れていて、若手だけでは技術が不足してしまうことを60歳以上のパートの経験を会社の力に変え、会社全体のバランスが保たれました。

また、パート社員としても朝から精力的に活動したい条件が一致したことによって、積極的に仕事に取り組むことができているのです。

くら寿司のケースについてはどんな見方ができるのでしょうか?

年収1000万円には、将来の幹部候補を育てることによってより体力のある会社を作りたいという思惑があると、くら寿司の社長はおっしゃっています。

「将来への投資」ということで、現在の会社の利益よりも、将来性を重視した募集ということになります。一方で、新卒で就職活動をしている学生としても、年収1000万円という条件は魅力的に映ることでしょう。

様々な業界、会社で人材確保のための施策を打っていますが、会社、労働者がWINWINの関係性が生まれる採用こそが、良い施策と言えるでしょう。