退職代行サービス?現代の若者の心理を読み解く|キャリアニュース

退職代行サービス?現代の若者の心理を読み解く

この記事のライター

  • 風野谷三
  • 男性・27歳
  • 学生

退職代行サービスを運営する企業の代表らに、若者の心理について聞いた記事であり、現代の若者のコミュニケーションの取り方についての考察がなされている。

これによると、現代の若者がコミュニケーションに対するスタンスが、他世代、とりわけ年齢が上の世代と比べると全く異なっているということが理解できる。

「退職代行」で辞める若手 上司とのコミュニケーションにストレス

退職代行サービスとは、本人の代わりに退職に関する事務連絡を代行するサービスのこと。

社員が退職を希望した場合、企業は、その自由意思に従うことが法律で定められているが、知らない若者が多い。

そのため、勤務先がブラック企業である場合、「退職したいなんて伝えたら、訴えられるかも」と怯え、退職できないことに悩んだり、言い出せないまま自殺してしまう若者が少なくないという。

「退職代行サービス」は、そんな若者のために、自身が「会社を退職できない」ことに悩み、精神を病む経験をした新野さんが、思いついたサービスなのだ。

詳しくはー「退職代行」で辞める若手 上司とのコミュニケーションにストレス|Livedoorニュースをご覧ください

退職代行サービスも上司とのコミュニケーションにストレスを感じた人からの依頼が急増しているという。

また、取材からは上司の「よかれ」と思った行動が負担となり、退職に至るケースが多いということも判明した。

私自身は大学院生ということもあり、学会やゼミなどで教授をはじめとした年上の人も含めて自分の主張や見解を述べる機会が多い。

このような機会を経験する中で、私自身は若者(同じ世代)と話すほうが非常に大変だと感じている。

その理由として、若者が学生時代に面と向かって先生など身近で他人の大人に反抗してこなかったのではないかということを私は考えることがある。

こう書いてしまうと大げさになるが、権力に客観的に向き合う機会を作ってこなかったといえば考えさせられる人も多いのではないだろうか。

学会での発表・質疑応答を見ていても感じることは多い。

例えば、大御所なら何をやってもいいという風潮が蔓延し、たとえ間違っていたり、時にはモラルを疑うようなことをやったとしても、何一つ反抗してはいけないという不文律が若手の間では広まっている。

こういうことを言ってくるのはたいてい中堅どころの研究者である。

しかし、当の大御所に話を聞いてみると「間違ってたら喧嘩になってでも言え」といい、中堅どころの研究者のほうが自分自身の権力を振りかざして立場が下の人に対して「よかれ」という名目で目に余るパワハラやモラハラ行為に走っていると感じることも多い。

そういう人と話をしてみると、たいてい権威や権力におぼれている人だという印象を受けることが多い。

退職代行サービスの顛末をきいていると、お互いが権威や権力におぼれているのではないかと考える。

だから、上司は「良かれ」と思って知らぬ間に権威を振りかざしてしまい、退職代行をする若者は権力に客観的に向き合う機会を得られぬままにほかの人に代行してもらうという考えに至ってしまうのではないだろうかと考えられる。

おそらく、このままの状態で行けば今、退職代行サービスを行っている若者が権力や権威を持つ側の立場に立ったとき、想像を絶するパワハラやモラハラを起こしてしまうのではないだろうかと私は考える。

お互いが権威や権力に対し、客観的に向き合う機会を設けることが望まれる。

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。